トレンディ★トレンディ

*

週刊文春&羽生三冠も参戦!! 三浦弘行九段ソフト不正使用問題の続報

   


◆事件の概要は、こちらの記事から

◆まず、この問題に大きく反応した棋士は、二歩で有名な橋本崇載八段

ファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロだと思っている

橋本八段は、三浦九段を『奴』呼ばわりし、1億%クロと糾弾しました。

ハッシーがクロでほぼ確定って言ってたようだし、
そこまで言うのであれば、ほぼ確定なのかなぁ。
ただ詳細な連盟の見解がないとファンとしては、
100%認められへんよな~。
早くなんとかしてよ連盟は・・・竜王戦も始まるぞ。

◆問題発覚の翌日にも日本将棋連盟は記者会見を開く

日本将棋連盟は13日の会見で、三浦九段の対局中の不自然な離席を5人前後の棋士が指摘し、対応を求めていたことを明らかにした。

出典http://www.asahi.com/articles/ASJBF5SY1JBFUCVL033.html – 朝日新聞デジタル

三浦九段に対し疑惑を感じていた棋士は5人前後もいた模様で、このことについては将棋ファンもさすがにおかしいと感じた人が多いようです。

将棋のトップ棋士、三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正使用した疑いが出ている問題で日本将棋連盟は13日、今後、追加で調査する考えがないことを明らかにした。

本当に将棋ソフトのカンニングをしていたら除名されてもおかしくないにも関わらず、日本将棋連盟は追加調査しないこと決めました。
このことには、多くの将棋ファン疑問に感じているようです。

島常務理事は「(出場停止が明ける)年明けの対局で範を示してほしい」と語り、これ以上の処分は科さない意向を示唆した。

当初の発表どおり処分は年内のみで、日本将棋連盟は年明けから三浦九段の対局を再開することも発表しました。
これはかなり玉虫色の処分で、日本将棋連盟の対応には多くの将棋ファンが不信感を感じているようです。

将棋、三浦九段。
5人前後の棋士から調査の要請があったということは、内部的には相当怪しかったんでしょうね。
まがりなりにも対局中に、頻繁かつ長時間席を外すというのは、疑われてもやむをえないとは思いますが。

将棋連盟は三浦九段の追加調査をしないと発表。ふざけるな。
「疑わしい行為を止めれば疑いは晴れるだろうから頑張れ」とか頭おかしい。
連盟の判断に一定の理解を示していた人は決定打があるからだろう、と信じていた人もいたけど存在せず。
三浦の金銭と名誉の損失について思うことはないのか。

◆三浦九段のスマホ不正使用疑惑のニュースは海外でも報じられる

◆竜王戦第1局の前夜祭では谷川浩司九段が謝罪する始末に・・・

挑戦者が開幕直前に交代した将棋のタイトル戦、第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)が15日、京都市で始まる。14日にあった第1局の前夜祭で、日本将棋連盟は極めて異例の事態になったことについて改めて謝罪した。

出典http://www.asahi.com/articles/ASJBG51Y9JBGPTFC00K.html – 朝日新聞デジタル

三浦九段の将棋ソフトカンニング疑惑以降、ニコ生放送の解説でも必ず棋士が一言謝る事態になりました。

いつまで棋士に「まだ状況が分からない」と言わせて頭下げさせ続けるんだ。完全に連盟の不手際だぞ。

関係のない棋士の謝罪は見ている方も辛いですね。

◆その後、しばらく音沙汰なし

三浦九段は、このまま『だんまり』だろうか

三浦九段は、今回の件が発覚して以来ずっとだんまりを続ける。

日本将棋連盟からの詳しい説明がないまま、三浦九段が出場停止処分になっているのが不思議でならない。詳しい説明なしで出場停止処分は普通有り得ないと思う。

日本将棋連盟側からも三浦九段側からも何の発表もなくなり、今回の件はこのまま収束していくのではないかとの憶測が将棋ファンの中で広まっていきました。

◆この間に、色んな人が三浦九段のスマホ不正使用疑惑についてコメント

三浦九段のケースの真偽は不明だが、このニュースが昨日から気になっている。将棋連盟はこの問題をうやむやにしない方がいい。今後はますます対応が難しくなると思うからだ。

スマホを使わなくても、人工知能…
npx.me/Jyaj/1Vqz #NewsPicks

モナの件もうやむやにしないほうが・・・

将棋の対局のニュースがあってたけど、スマホでコンピューターで調べるなんてありえないと、思うけどなぁ。
三浦くんって、もともと強いんだから誰かが嫌がらせで言いふらしたんじゃないかしらん。

自身も将棋界で大騒動を巻き起こしたことのある林葉直子さんも、今回の件に対して発言しました。

◆そして、行動を開始した三浦弘行九段

将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、日本将棋連盟が出場停止処分とした問題で、三浦九段は18日、「対局中に将棋ソフトを使用していたことは一切ありません」と自らの潔白を主張する文書を、弁護士を通じて公表した。

この件が発覚して6日後、三浦九段がついに行動を開始。
報道各社に文書で身の潔白をアピールします。

村)また、文書では、ノートパソコン2台、デスクトップパソコン2台、スマートフォンの全アプリがわかる画像を自主的に連盟に提出していることも説明。「これらの資料を精査してもらえれば、身の潔白が晴れると信じていたが、連盟は一方的に処分を下した。本当に残念でなりません」としています。

三浦九段は聞き取り調査のあった翌日に自宅のパソコンなどを提出し、調査を依頼したとのことです。

三浦九段の反論文を読むにこれ連盟相当やらかしたのでは・・・

三浦九段が、自身の不正を全面否認した上で調査に全面協力すると発表したことで、三浦九段はシロなのではないかとの考えも広まっていきます。

◆更に三浦九段のインタビュー動画がNHKで公開

三浦弘行九段が、処分のあと初めてNHKの単独インタビューに応じ、対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いで連盟の調査を受けたことについて、「決して不正はしていないので処分を受けるいわれはない」と述べ、「公平にしっかりと調べてほしい」と訴えました。

三浦九段の様子はいつもどおりで、焦っているような感じは見受けられませんでした。

 - Uncategorized

×
Domain