トレンディ★トレンディ

*

『レッドタートル』の制作サイドが挑んだ 3つの「はじめて」とは?

   


◇まずは、予告編を!

『レッドタートル ある島の物語』は、2000年に公開された8分間の短編アニメーション映画『岸辺のふたり』に感銘を受けた鈴木プロデューサーが「この監督の長編映画を観てみたい」という思いから制作を打診。

・第69回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 特別賞 受賞

鈴木敏夫プロデューサーは「カンヌ映画祭で賞に選ばれて、僕も本当にうれしいです。高畑さんはじめ、製作にかかわったスタジオジブリのスタッフ一同も喜んでいます。この受賞をきっかけに、フランス、日本、そして世界中で一人でも多くの人に見てもらいたいです」とコメントした。

◇本作をつくるキッカケとなった『岸辺のふたり』について

・初期の作品から、ジブリ映画を支えてきた。

「『岸辺のふたり』を見たきっかけはあいまいですが、一発で好きになって、今日まで100回以上は観ています」と思い入れの強さを語った

・『レッドタートル』と同じ監督の作品
・第73回アカデミー賞短編アニメ映画賞 受賞

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain