トレンディ★トレンディ

*

マスコミが名誉棄損で訴えられる?高畑裕太について新たに分かってきたこと

   


俳優・高畑裕太が釈放された

前橋市内のビジネスホテルで、女性従業員に乱暴しけがをさせたとして逮捕された俳優の高畑裕太さんについて、前橋地方検察庁は、9日不起訴にし、釈放しました。

報道陣に対しては絶叫し、謝罪

衝撃の逮捕から17日。午後2時20分すぎ、白いカッターシャツとグレーのスラックス姿で前橋署の玄関に姿を現した高畑

「このたびは皆様に多大なるご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした」

周囲に響き渡る声で絶叫し謝罪。約30秒にわたり、腰を90度折り曲げ深々と頭を下げた。

所属事務所は高畑裕太の契約解除を発表

俳優の高畑裕太(22)の所属事務所は同日、「事実を重く受け止め、本日、高畑裕太とのマネジメント契約を解除しましたことをご報告申し上げます」と発表

担当弁護士によると、心身共に不調を来しているため、しばらくの間、埼玉県内の病院に入院するという。

高畑さんは午後4時すぎ、埼玉県内の病院へと入った。

母親の高畑淳子さんも謝罪

24日に初日を迎える主演舞台「雪まろげ」の稽古を都内のスタジオで行っている高畑淳子は、この日午後7時30分ごろ、建物の外に集まった約50人の報道陣の前に姿を現した。

疲れた表情を見せながらも2度頭を下げ、「今回はご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝罪

「本人も入院いたします。自宅にも戻りませんのでご了承下さい」と話して迎えの車に乗り込み、裕太が入院した埼玉県内の病院に向かった。

高畑裕太の弁護士がコメントを発表

弁護士は文面で、「どうすれば強姦罪となりうるのか」という点を細かく説明。本当に「強姦罪」であればそれは重大犯罪であり、金銭的なレベルで解決できる問題ではないとのこと。

このように示談・釈放で終わったということは、高畑の悪質さがないということだと語っている。仮に裁判になっても、無罪を主張しただろうと。

弁護人は「無罪請負人」の異名を持つ辣腕弁護士

裕太の弁護人は「無罪請負人」の異名をもつ弘中惇一郎弁護士が率いる法律事務所ヒロナカの渥美陽子、小佐々奨両弁護士が担当。

弘中氏はロス疑惑の故三浦和義氏、薬害エイズ事件の故安部英氏、陸山会事件の小沢一郎氏らの刑事訴訟で弁護人を務め、次々と無罪を勝ち取ってきた辣腕(らつわん)。

最近では都知事選中に女性スキャンダルが報じられた鳥越俊太郎氏の代理人として、週刊誌の編集人に対して名誉毀損(きそん)と公職選挙法違反の疑いで東京地検に告訴状を提出した。

 - Uncategorized

×
Domain