トレンディ★トレンディ

*

クリス・ブラウンの弁護士が被害女性の主張を全面否定!!

   


8月30日、クリス邸を訪問していた女性が「クリスに銃で脅された」と通報。

急遽警官隊がクリス邸に向かうもクリスは「令状が出るまでは家に入れられない」と家への立ち入りを拒否し、しばしのこう着状態を経て逮捕されるという異常事態となった。

通報した女性がメディアに登場。

「売名行為ではない」と主張するカランさん。

「クリス邸でダイヤモンドの宝飾品を眺めていたんです」「すると家にいた男性が怒鳴り始め、クリスが部屋に入ってきました」「クリスは『お前のような奴らにはウンザリだ』『俺の家から出て行け』と言い私に銃を向けたのです」と告白。

クリスはその後25万ドルの保釈金を払い釈放。

クリスの担当弁護士は「クリス邸には銃など無かったのです」とメディアに話し、クリス邸に警官隊が押し寄せたことについては「まるで(イラクの)ファルージャ市街で行われた包囲掃討作戦のようでした」と批判した。

さらに、女性が眺めていたとされるダイヤの装飾品についても「そのような物は無かった」「全ての主張が誤りどころかでっち上げ」とも呆れた様子でメディアに話した。

被害女性はクリスをハメる予定だった!?

被害女性は通報3分前に「ねぇサファリ、私がクリス・ブラウンの友人のアクセサリーをニセモノだって言ったことで、クリス・ブラウンは私を家から追い出したの。Uber(配車サービス)がうまく使えないから、私を迎えに来てくれる?来てくれなかったら、彼をハメるわ。警察に電話して、彼が私を撃とうとしたって伝えるの。これで彼も学ぶはずよ。ハメてやるんだから(笑)。迎えに来て」と送信。

しかしながら、サファリ自身はこのメールの存在を否定しており、昨年カランからロレックスを盗まれて以来、彼女とは話していないとTMZに証言しているとのこと。

 - Uncategorized

×
Domain