トレンディ★トレンディ

*

【ポケモンGO】何故こんな場所に?思わず首を傾げたくなる「出現場所」をまとめてみた

   


なぜこんな場所に…既にトラブルも多発している「ポケモンGO」

・スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の人気が過熱している。現実の世界に、ポケモンが出現する仕組みとなっていて、ポケモン探しのために全国各地を歩いている人々も少なくない。そうした中、皇居や熊本城などの名所や史跡にまで、ポケモンが出現する設定になっていた事が波紋を広げている。

世界的ブームを巻き起こしているスマートフォンのゲーム「ポケモンGO」が22日、ついに日本でも配信開始となった。

・意外にも、ポケモンは日本発祥なのだとか。

同ゲームの公式HPでは「ポケストップ」は世界中の名所史跡などあらゆる場所にある旨が説明されている。立ち入り禁止区域への侵入トラブルが続発しているとされる

初の週末には、多くの人がポケモン探しに夢中になったようだが、一方、トラブルの報告も各地で相次いでいる。

皇居(東京都千代田区)にも「ポケストップ」が…

「ポケストップ」が検索できるネット上のサイトで、皇居内の宮内庁庁舎周辺などに多数のスポットが表示されているもようだ。

皇居内だけで30箇所のポケストップが確認されているが、皇居内は一般人は立ち入ることができない。宮内庁職員が『ポケモンGO』を遊ぶための配慮なのかもしくは……。

・天皇・明仁氏が「ポケモン」で遊んでいるとすれば面白い話だが…。実際にはそのような現象は起こり得なさそう。

日本のポケモン・ファンはツイッターで、日常的に厳重に警備され立ち入りが制限されている皇居でポケモンを探すのは「最高のチャレンジ」になるかもしれないと書いている。

・立ち入り禁止の場所に進入する事は絶対にダメ。無謀な挑戦はやめましょう。

ツイッターには、皇居内にも多数が設置されているとの指摘が相次ぎ「これは、ダメだろ」「立ち入り禁止の場所だぞ」「その数もヤバイ」とのコメントが相次いでいる。

熊本地震の甚大な影響を受けた熊本城(熊本市)にも…

22日には熊本地震で被災した熊本城の立ち入り禁止区域に侵入しようとした男性が現れるトラブルが

・被災地にまで・・・。

22日午前11時半ごろ、20代くらいの男性が「『ポケモンGO』をプレーしたいので立ち入りが規制されている区域に入らせてほしい」と警備員に申し出たということです。

「熊本城の一部には、むやみに入るとけがをするおそれのある場所があるので、事態を重くみて抗議した。任天堂の回答を待って対応を考えたい」

・熊本城総合事務所のコメント。

京都御所(京都市)では警報音が鳴り響く騒ぎも…

京都市上京区の京都御所では午後0時半ごろ、ゲームに夢中になった大学1年の男子学生(18)が塀に近づき、侵入防止用の警報音が鳴る騒ぎがあった。

・深夜時間帯に…。

陛下が生前退位の意を表されて、京都御所にお戻りになられるかもって話が出たこのタイミング

・タイミング的にも、厳戒態勢の中で…。

男子学生は「珍しいポケモンが出てきたので近づいてしまった。今後は気を付けたい」と反省していた。

靖国神社(東京都)は、なんと「ジム」に指定されていた…

東京・九段の靖国神社でもゲームで遊ぶ人の姿が見られた。プレーヤーの男性によると、捕獲したポケモン同士を戦わせる「ジム」が同神社にある。

周知のとおり、靖国神社は、第2次世界大戦特級戦犯の位牌が保管された日本軍国主義の象徴で、これまで韓国を含む中国などの大きな批判を受けてきた。 問題は、靖国神社がポケモンGOのジム(ポケモン同士の対決を展開する空間)に指定されているという点から始まった。

・先の大戦に関し、歴史認識をめぐる論争の場ともなってきた靖国神社。そのため、戦いを連想させる「ポケモンジム」が設定されている事により、新たな波紋も…。

出雲大社(島根県)にもポケモンが…ここでは「禁止」措置が採られる事態に

 - Uncategorized

×
Domain