トレンディ★トレンディ

*

マジかよ?『マイケル・ジャクソン』が11歳の『エマ・ワトソン』に夢中だった?!

   


マイケル・ジャクソン

「人類史上最も成功したエンターテイナー」と呼ばれ、さまざまな美術作品の題材にもなるなど、急逝してからも世界中を魅了し続けているスーパースター「マイケル・ジャクソン」

「死後最も稼いだアーティスト」が発表され、今年もMichael Jacksonが1位に輝いた。その金額は2015年だけで100億円以上となっている。そんな永遠のKING OF POPの曲で最も有名な曲が「thriller」だ。日本人のみならず世界中の人が歌えるといっても良い曲で「世界で最も売れたアルバム」として今もその記録は破られていない。

今なお愛されるスーパースター

作業しながら背後でマイケル・ジャクソンのMV流してたら「スリラー」のところで手が止まってじっくり見てしまった・・・

ほろ酔い気味でMTVでやってるマイケルジャクソンのPV五時間特集を見てるけど、声が良いしとにかく踊ってる姿が抜群に可愛い!。天は二物以上を与えたんやなぁ。

マイケル・ジャクソンは最高のエンターティナーだ。見慣れたPVを再び観てもはやり鳥肌がたつ。

一方ではあらぬ噂も・・・

2009年に亡くなったマイケルジャクソンさんの牧場で、児童ポルノの巨大なコレクションが見つかったと、英紙デイリー・メールが伝えた。

マイケル・ジャクソンが急逝してから間もなく4年。しかし今、有名振付師のウェイド・ロブソン(30)は「7歳から14歳までの間、ネバーランドやLAおよびラスベガスの家でマイケル・ジャクソンから性的虐待を受け、他言したら刑務所に入れられると脅された」と主張し、マイケルの遺産を管理する「マイケル・ジャクソン・エステート」に損害賠償を求めたいとしている。

MJのShe's Out Of My Lifeを聴いてるとき、ある人から「マイケル・ジャクソンがこういうラブソング歌うの微妙だね。彼の恋愛対象って少年じゃん」と言われたの、私しばらく忘れられない。あれ関連の裁判、MJは全部無罪だったのに未だにそういうふうに思われてるんだね。

マイケル・ジャクソン、死んでからもう7年経つし、FBIのお墨付きで生前の児童虐待疑惑が無実だと判明したのに、未だにゴシップ誌が「検察の証拠を入手!」みたいなのを報道してるのを見ると、報われない人だなあと思う

アレだね、未だに結構な人が「マイケルジャクソンはマジで児童虐待してた性犯罪者で、金で全て無かったことにした」と誤解してる感じだね。

そんなマイケルだが、生前には子役時代のエマ・ワトソンと結婚したがっていたらしい

これはマイケルの元主治医コンラッド・マレーが書いた暴露本の中で明らかになったことで、マイケルは同シリーズでハーマイオニーを演じているエマを見てから彼女にとりつかれたようになってしまい、「結婚したい」と公言していたらしい。

マイケルさんとは家族同然の付き合いだったというマーレイ氏は暴露本の中で、マイケルさんは友人だった英俳優マーク・レスターの娘ハリエットさん(当時12歳)との結婚を夢見ていたが、もしダメだった場合、ワトソン(当時21歳)と結婚したがっていたと告白。

「ハリー・ポッター」シリーズで彼女の虜に??

マイケルさんは、ワトソンが11歳の時に映画「ハリー・ポッター」シリーズでデビューして以来、彼女に夢中だったらしい。

マイケルさんは当時、「誰にも絶対に言ってはいけないよ。話すべき時機が来たら、わかるから」と釘を差していたが、マーレイ氏は今がその時だと決断したようだ。

マイケルはロサンゼルスに借りていた家に、エマの等身大パネルを置いていたそうで、「彼は長いあいだ、児童性愛者ではないかという疑惑をもたれてきましたが、彼が自分からそういうことを匂わせたのはその時だけでした。僕は彼を問いただしたりしませんでした。この話題になると、彼はすぐに口をきかなくなり、自分を閉ざしてしまうからです。ただ一つだけ明らかなことがあります。それは彼が少女たちについて語る時、それは罪のない憧れではなく、れっきとした片想いでした」とマレーは書き記している。

さらに美しくなったエマ・ワトソン

女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひとつ、レディ・マーガレット・ホール(LMH)の客員研究員に選出された、とイギリスでは大きな話題になっています。

1991年アカデミー作品賞にもノミネートされたディズニーアニメーション『美女と野獣』!ディズニーが実写映画としてこの作品をリブートすることが決定し、2017年3月17日に全米公開を予定しています。ディズニーがプリンセス、ベルに指名したのがエマ・ワトソンでした。

 - Uncategorized

×
Domain