トレンディ★トレンディ

*

文春vs新潮?NHK現役女子アナのスキャンダルが明らかに?

   


文春砲!

NHKの某地方局に勤める現役女性アナウンサー(20代)が、「愛人マッチングサービス」を謳うデートクラブに登録していたことが、週刊文春の取材で明らかになった。

問題の人物は地方局採用の契約キャスター・高田陽子アナ(仮名)。高田アナ本人は週刊文春の直撃取材に「登録しました」とその事実を認めた。

当初は会ったのは一人だけと繰り返したが、取材を進める中で、今年2月から既婚男性を含む4人の男性とデートしたと説明した。

NHKアナの不祥事

デートが実現したあとの関係については、男女間の自由意思によるが、ホームページに掲載された女性会員たちのプロフィール欄には、“交際”に発展する可能性についても

現役会員によれば、「女性と一晩をともにする値段は、デートセッティング費用と同額が目安とクラブ側から聞いている」という。

当然、違法です

売春の周旋を禁止する売春防止法に違反する可能性があり、2年以下の懲役、または5万円以下の罰金、またはその両方が課される可能性があります

NHK広報局は高田アナのデートクラブ登録について、「スタッフのプライベートなことについては承知しておらず、お答えできません」と回答。

「X」の代表者は「売春の定義は『不特定の相手』であり、不特定になってはいけないと気をつけている」と会員制の同クラブに違法性はないと説明した。

新潮砲も?

NHKの現役女子アナウンサーが、援助交際希望の女性を男性会員に紹介する“愛人クラブ”に登録していたことが「週刊新潮」の取材でわかった。

愛人クラブに登録していたのは、NHK室蘭放送局に勤める、清楚なロングヘアが印象的な女子アナウンサー(25)。

このクラブでは、女性の容姿に応じて男性側が支払う料金が設定され、“最高級クラス”である彼女と“交際”するには、男性は最低でも50万円を支払う必要があるという。

「結婚相談所みたいなものだと」

番組出演を終えた本人に「週刊新潮」が直撃すると、クラブに登録していたことを認め、「結婚相談所みたいなものだと思った」「愛人クラブだとは知らなかった」と答えた

「彼女は“真剣な交際相手を探している”と口では言っていました。でもね、援助目的だと正直に切り出す女なんてそうはいないですよ」

twitterでも話題に

で、文春も新潮もなんで知ったんだろうなぁ(´・ω・`) 誰か登録してたとかじゃないやろな(;一_一)

NHKの女子アナ20代、高級愛人クラブ嬢だったらしいが、親世代も愛人クラブが流行していた。筒見待子といっかな、何だかなぁ、ある意味遺伝なのかな?時代が変わってもやること一緒。つまり、日本は何1つ進歩してない。政治も脅しだから、進歩してない。次はノーパン喫茶店かな?

 - Uncategorized

×
Domain