トレンディ★トレンディ

*

「月9」6期連続2桁発進!ディーン『シャーロック』が好スタート

   


この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆7日にスタートした月9ドラマ『シャーロック』

ディーン・フジオカ(39)が主演を務めるフジテレビ“月9”「シャーロック」(月曜後9・00)が7日、30分拡大でスタート。

原作上“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄(ほまれ・ししお)役のディーン・フジオカ、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一役の岩田剛典がバディを組んで難事件を解決していく。

◆初回視聴率は12.8%で、月9の6作連続2桁発進を達成

初回平均視聴率が12.8%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

◆ディーンがハマり役で岩田剛典との凸凹コンビも好評

獅子雄というキャラクターが放つどことない怪しさや、ユーモラスな雰囲気などエンターテインメント性を重視した作品である。

普段クールな若宮が、気ままな獅子雄のわがままや無茶ぶりに翻弄されるシーンは、シリアスなドラマの中でもクスッと笑える癒しになっている。

獅子雄と若宮の凸凹コンビっぷりなども好評を博しており、初回のラストで同居を始めた2人の化学反応に期待する声も多い。

◆原作へのオマージュなど演出も凝っている

コナン・ドイルの『六つのナポレオン』に登場する「パセリがバターに沈んだ深さ」という言葉をヒントにした点であったり、謎を解くためにバイオリンを演奏する獅子雄の姿など、原作へのオマージュをこれまでの映像化とは違い、小ネタのような形で捧げている。

ビルの屋上で夜景をバックに優雅にバイオリンを演奏する獅子雄の姿が映し出される。夜空を稲光が引き裂き、雷鳴が轟く中で真剣な表情でバイオリンを弾きまくる獅子雄役のディーンの姿。

海に浮かぶクルーザーを俯瞰ショットで写しながら海面に時間設定のテロップを入れるという大胆さと仰々しさで「月9ドラマ」としての堂々たる風格を放ってみせる。

◆豪華ゲストぞろいの中、松本まりかが怪演

第1話には松本さん、中尾明慶、松井玲奈、淵上泰史、木下ほうか、平泉成ら豪華ゲストも出演した。

松本まりか

メインキャストの演技にも多くの反応が集まる中、今回の1話で赤羽の妻・汀子役を演じた松本さんにも大きな注目が。「ホリデイラブ」での怪演などで知られる松本さんだが、今回も事件の“黒幕”として登場。

医師・若宮潤一(岩田剛典)を罠にはめようと企て、自身の秘密が露見するとなりふり構わず声を荒げる姿に、「引き込まれる」「圧巻の演技」「ふり幅がすごい」とSNS上にコメントが続出。

◆ネットでも好評の声

ファンから見たディーンフジオカは面白可愛いくてそこが魅力的だしハマってしまうんだけど、月9ドラマ「シャーロック」ではその面白可愛いさがちゃんと活かされているから嬉しかった。
たくさんの人にディンディンの面白可愛さを見てほしい☺️
#シャーロック

このドラマの制作スタッフのいいところ、イケメンをへっぽことかトンチキに変貌させるところ、つまりわかってる #シャーロック

 - Uncategorized

×
Domain