トレンディ★トレンディ

*

みんな絶賛でアカデミー賞選考にも!天気の子の勢いが止まらない

   


この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■大ヒット上映中!映画「天気の子」

新海 誠 (しんかい・まこと)1973年生まれ、長野県出身。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。

『天気の子』(てんきのこ、英題:Weathering With You)は、新海誠監督による日本のアニメーション映画作品

家出少年の主人公・帆高(醍醐虎汰朗)が、「祈るだけで空を晴れにする」不思議な力をもつヒロインの少女・陽菜(森七菜)と出会い、運命にあらがいながら自らの生き方を選択していく物語

■興行収入100億円を突破

日本映画で興収100億を突破したのは、同じく新海監督の『君の名は。』('16年)以来3年ぶり

初日7月19日(金)~8月21日(水)までの34日間 観客動員 7,519,350人 興行収入10,073,344,500円

■5万人の署名に応え映画大国インドでの上映も決まった

インドで『君の名は。』の人気が高まり、新海監督の熱心なファンも増え、今年の4月にインターネット上で『天気の子』のインド公開を求める署名活動が起こった

約5万人のファンが賛同し署名した。その声が新海監督や東宝の海外配給担当、インドの配給会社(Vkaao)や興行会社(PVR Cinemas)の耳に届き、実を結んだ。

こんな署名が新海誠監督や東宝に届き、同作がインドで10月から劇場公開されることが決まった。日本のオリジナルアニメ映画が劇場公開されるのは初

■そんな天気の子が米アカデミー賞の選考候補・日本代表に選ばれた

第92回米アカデミー賞国際長編映画賞(旧外国語映画賞)部門の日本代表に、新海誠監督のアニメーション作品「天気の子」が決まった

同連盟は同賞を主催する米・映画芸術科学アカデミーから日本映画1本の選考・出品を依頼されており、このほど外部委員による選考会を行い出品作を決定

「日本映画制作者連盟」の公式HPでは、「第92回米国アカデミー賞国際長編映画賞部門への出品作品として『天気の子』新海誠監督作品(東宝株式会社)が決定しました」と記されている。

■これはすごい!ぜひ賞をとって欲しい

君の名は。公開から3年
天気の子
第92回 米国アカデミー賞
国際長編映画賞部門(旧外国語映画賞)の“日本代表”に選出!!
おめでとうございます❗
#君の名は
#君の名は3周年
#天気の子
#新海誠

もしアカデミー賞に選ばれたら…、ななさんが…、ななさんがドレスを着てレッドカーペット???
ヤバすぎないかそれは…
#森七菜
#天気の子 twitter.com/tenkinoko_movi…

君の名は。公開3周年に最新作天気の子がアカデミー賞選出だなんて、新海監督やっぱり持ってるのでは

アニメ「天気の子」米アカデミー賞日本代表

凄い!凄い!アカデミー賞日本代表作として天気の子が選ばれた!快挙!

#天気の子

this.kiji.is/53854600383851…

うん。
何度も確認いたしました。
間違いないです。
もし第92回アカデミー賞で
新海誠『天気の子』が
国際長編映画賞(旧外国語映画賞)と
長編アニメ映画賞に
ダブルでノミネートされることになれば、
世界初の快挙となります。

#天気の子

ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2…

■トロント国際映画祭に出品も決まっている

1976年より開催されているトロント国際映画祭は、例年300本以上の作品を上映。ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に次ぐ規模“来場者数32万人”を集める北米最大の映画祭

 - Uncategorized

×
Domain