トレンディ★トレンディ

*

映画「糸」に菅田将暉、小松菜奈、榮倉奈々、斎藤工が“四角関係”!豪華キャスト13人にも注目!

   


この記事は私がまとめました

映画「糸」で描く男女2人の壮大な愛の物語

菅田将暉と小松菜奈がダブル主演を務める、中島みゆきの名曲「糸」をもとにした映画『糸』(2020年4月24日公開)の追加キャストが発表され、榮倉奈々、斎藤工らの同作への出演が明らかになった。

さらに、菅田と恋愛関係になる桐野香役の榮倉奈々、小松と恋愛関係になる水島大介役の斎藤工ど一挙13人の追加キャストも発表され、主役級キャストが“糸”を絡ませ四角関係に発展していく。

本作は平成元年に生まれた高橋漣(菅田)と園田葵(小松)の二人が出逢い、強く想い合いながらもすれ違い、平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く愛の物語。

映画「糸」は平成元年生まれの男女が出会い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり会うまでを、“生活者の視点から見た平成史の変遷”と共に描きだす、壮大な愛の物語。

映画『糸』の監督

原案・企画プロデュースをしたのは『黄泉がえり』(03年)、『余命1ヶ月の花嫁』(09年)など感動作を手がけた平野隆氏。

ガホンを取るのは、『64-ロクヨン- 前編/後編』や『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年)の瀬々敬久監督が担う。

中島みゆきの名曲「糸」をもとにした

2000年以降、映画『涙そうそう』や、『ハナミズキ』、『雪の華』といった、名曲をもとにした話題作がヒットを記録。それらに続く形で今回映画化されるのは、中島みゆきの名曲「糸」だ。

中島みゆきが、知人の結婚式を祝して作った「糸」は、糸を人に見立て、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った楽曲だ。

ドラマや数多くのCMに起用された後、2004年にMr.Childrenの桜井和寿が率いるbankbandがカバー。クリス・ハート、森山直太朗、JUJU、福山雅治など120組にも及ぶアーティストが次々にカバーしたことでも注目を集めた。

菅田将暉×小松菜奈 W主演

菅田が演じるのは、北海道で生まれ育ち、チーズ工場で働く青年・高橋漣。

『帝一の國』、『銀魂』シリーズ、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」、『アルキメデスの大戦』と幅広い役柄を演じ、『あゝ、荒野』では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞した菅田将暉は『糸』で主人公の高橋漣を演じる。

漣と運命的に出会いながらも中学生の時に離れ離れになってしまう少女・園田葵を小松が演じる。

また、『渇き。』で鮮烈なデビューを飾り、『バクマン。』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『恋は雨上がりのように』、『来る』、『沈黙 -サイレンス-』、『さよならくちびる』といった話題作にも出演する小松菜奈は、もう1人の主人公、園田葵役を演じる。

主人公の高橋漣(菅田)と園田葵(小松菜奈)は、平成元年生まれの同級生です。
平成13年、13歳の二人は中学で出会って、初恋をして強く魅かれ合いますが、すぐに離れ離れになります。

漣(菅田将暉)と葵(小松菜奈)が運命に引き離されて、平成史の変遷と共に再会する壮大な愛の物語です。

ほかの豪華キャスト陣にも注目!

榮倉奈々が、菅田将暉演じる高橋漣が働くチーズ工房の先輩で後に恋愛関係となる桐野香役

葵と恋愛関係になるファンドマネージャーの水島大介役を務める

葵の同僚・親友でありやがてシンガポールで一緒に事業を始める高木玲子役を務める

漣の幼なじみの親友で良き理解者である竹原直樹役

竹原直樹の二番目の妻・山田利子役

子どもに温かい食事を無償で提供する「子ども食堂」の女主人・村田節子役

葵・玲子と共にシンガポールで一緒に事業を始める冴島亮太役

 - Uncategorized

×
Domain