トレンディ★トレンディ

*

半沢直樹の続編が決定!堺雅人7年ぶりの出演!今作あらすじ・キャストご紹介

   


この記事は私がまとめました

『半沢直樹』の続編の制作が決定!

『半沢直樹』続編の制作が決定!堺雅人が「7年越しの出演OK」を出した理由
news.line.me/articles/oa-sh…

13年7月クールで放送された『半沢』は、平均視聴率が28・7%、最終回は平成のドラマで最高の42・2%を記録。そんな“お化けドラマ”の続編がついに制作されるというビッグニュース!

『半沢直樹』の続編の放送がいつから?

「来年4月の『日曜劇場』枠で放送される予定で、前作から約7年ぶり。TBSは7月から『東京五輪』の中継や特番を放送する関係で『日曜劇場』枠はお休みなんです。

五輪開催の直前に『半沢』の続編を放送することで、局全体にいい流れを作るという狙いがあるのでしょう。

『半沢直樹』の続編のあらすじ

大手銀行行員の半沢直樹を主人公とするシリーズで、前作のドラマは小説第一作「オレたちバブル入行組」と第二作「オレたち花のバブル組」がベースとなっている。

今回の『半沢』の原作は、池井戸潤さんの『ロスジェネの逆襲』になるそうです」

ロスジェネ、というのはロストジェネレーションの略で、970年~1982年生まれ、1993年から2005年の就職氷河期に就職活動をすることになった

半沢直樹が東京セントラル証券に出向後、電脳雑伎集団の平山社長夫妻が、東京スパイラルを買収し、その上でアドバイザーになってもらいたいと申し入れてくる。

しかし、部下の裏切りにより、アドバイザー契約破棄という事態が起こり、いろいろ調べるうちに、銀行の証券営業部がこの案件を横取りした事実を知る。事実を知った半沢の口からはこのシリーズの名言が。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain