トレンディ★トレンディ

*

週間Steam通信#110(2018年11月10日~11月16日)

   


この記事は私がまとめました

・「Kenshi」がSteamで12月6日正式リリース

現在Steamでアーリーアクセス版が配信されている,PC向けオープンワールドRPG「Kenshi」(関連リンク)。インディーズデベロッパ・Lo-Fi Gamesはイギリス時間の2018年11月15日,Kenshiを12月6日に正式リリースすると発表した。

「剣士」に着想を得たというKenshiは,文明が崩壊した世界(日本というわけではない)で,生き残りを賭けて戦うというタイトル。オープンワールド型で,その世界の広さは870平方kmを超えるという。決まったストーリーはなく自由にサバイバルを楽しめる,Lo-Fi Gamesが「サンドボックスRPG」「ソードパンクRPG」とも呼ぶタイトル

早期アクセス版における数千にもおよぶレビューの大半が「非常に好評」という評価で、日本においてもニコニコ動画にて有志による1,800近くの関連動画が公開されている。

・「奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ」がSteamで配信開始

プレイヤーは数々のクエストやキャラクターたちとの出会いを通して、これまでゲーム化されたことのない『ウィッチャー』の世界を冒険することになります。

戦闘シーンが,「グウェント ウィッチャーカードゲーム」のシステムを使ったカードバトルであることが大きな特徴で,冒険で出会った個性豊かなキャラクター達を使ってデッキを組み,それぞれのスキルとアビリティをうまく使って勝利を目指す。

Steam版にはGOG.com版と同様,公式サウンドトラックや「グウェント ウィッチャーカードゲーム」のアートブック,ライリアのマップを含むコンセプトアート集,コミック「ウィッチャー 2 FOX CHILDREN」(英語版)などのデジタル特典がたっぷり用意されているとのこと。

・「FIGHTING EX LAYER」が11月30日10:00に開始

本作は1996年に業務用が展開され、1997年にはPlayStationにも移植された『ストリートファイターEX』から初作が始まり、その後2000年の『ストリートファイターEX3』でシリーズが途絶えていた、アリカ開発の格闘ゲーム『EX』最新作

本作では、対戦中に特定条件を満たすことで特殊な効果が発動する「強氣(ゴウギ)」システムを特徴

11月23日と24日にTOC五反田メッセ(TOC GOTANDA MESSE)で行われるARCREVO Japan 2018の会場では,アーケード版の試遊会が開催

・『R-TYPE I・II』は11月28日

「R-Type Dimensions EX」はNintendo SwitchおよびSteam向けに2018年11月29日(木)より1500円(税込)にてダウンロード販売を開始致します。また発売から1週間は「発売記念セール」として20%オフの1200円(税込)

今回発売される『R-Type Dimensions EX』は、シューティングの名作『R-TYPE』と『R-TYPE II』の二本を、3Dグラフィック対応や2人同時プレイ機能など、ビジュアルと機能を大幅にアップグレードして収録したダウンロード専売ソフト

3Dグラフィックモードや残機無限のインフィニティモード、2人同時プレイが可能なマルチプレイモードなど追加要素を満載。オリジナルのアーケード版を再現した他、クラシックモードも搭載

・Valve久しぶりの新作「Artifact」が予約開始で売上トップに

Valveが手がける新作コレクティブルカードゲーム『Artifact』の予約受付がSteamにて開始されました。対象プラットフォームはPC/Mac/Linuxで価格は2,300円。日本時間11月29日に発売予定

「マジック:ザ・ギャザリング」を生み出した伝説のゲームデザイナー、リチャード・ガーフィールド氏とValveとのコラボレーション作品で、人気MOBAゲーム『Dota 2』の世界観をベース

Valve自身も力を入れており、日本語含む多言語対応に加えてコミュニティ向けにデッキコードAPIを公開しています。これによりゲームをさらに盛り上げる様々なツールやサイトが登場するのではないでしょうか。

 - Uncategorized

×
Domain