トレンディ★トレンディ

*

週間Steam通信#106(2018年10月13日~10月19日)

   


この記事は私がまとめました

今回はヘリウムガスは吸わないぞ!

・『RimWolrd』5年半の早期アクセスを経て正式版がリリース

2013年にKickstarterを実施、その後Steam早期アクセスを行った同作は、宇宙船の事故で未開の惑星に不時着した一行を操るストラテジー。コロニーを建築、維持拡大し宇宙船を再建、再び宇宙を目指すことが目的で、リアルタイムに進行していきます。

すでに正式リリースに近い状態であるBeta 19がリリースされており、正式版となるバージョン1.0は多くのバグ修正が入ること以外はほとんど同バージョンと変わらないという。しいていうなら、どの入植者と囚人に食事を許可するかを決められる食事制限システムが、新要素になる

・モンハンワールド11月2日より、古龍“マム・タロト”

2018年10月31日より、不具合修正を含む“タイトルアップデート”を実施予定であることを発表。また、11月2日9:00~11月16日8:59の期間中、古龍“マム・タロト”が出現する特別調査が登場することも明らかにしている。

特別調査【マム・タロト】は、集会エリアメンバー全員で協力しながら、「マム・タロトの大角の完全破壊」を目指す特別なクエスト。10月31日に実施予定のタイトルアップデートが必要で、実施期間のみプレイできる。今後、期間中以外でも開催予定。

・『GROOVE COASTER』に『Undertale』楽曲

『Undertale』の楽曲配信はリズム音楽ゲームにとって初めてであるとのこと。ゲーム内でも人気が高い4つの楽曲が選ばれており、演出についても『Undertale』本編を彷彿とさせるものになっています。

1曲200円ずつの購入も可能なほか、4曲をまとめたお得なバンドルも640円で販売されています。また、楽曲の購入特典としてアバター3体が配信

・『被虐のノエル』最新話がSteamで10月22日

「被虐のノエル」は、「ゲームマガジン」で連載中の伝奇アドベンチャーゲームです。関連書籍の累計発行部数は15万部を突破し、Steam上ではSeason1~Season7の日本語・英語版・中国語版が配信され好評

ストーリー重視のゲームであり、パズル要素とアクション要素はあるが、難易度はさほど高くはない。主に大悪魔カロンを動かし、障害物を移動させたり敵と戦いながら進んで行く。何らかの施設に潜入するステルスゲームとなることが多く、足が不自由なノエルが縛りとなっている。

特に、中国での人気は拡大しており、中国ユーザーによるゲーム実況で話題

作者・カナヲ氏は「RPG ツクール」を用いて、一人で開発している。2dゲームの演出技術を駆使したストーリーテリングと、四肢を失った少女や悪魔といった多彩なキャラクターたちの群像劇が魅力。

・『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』がSteamに

プレイヤーは記憶を無くした人間の魂として、地獄からの帰還を果たすべく、その術を知っているという赤い女神(Red Goddess)を探す旅に出る。ステルス行動で悪魔から逃れたり、捧げ物や魔力印といったキーアイテムを探してパズルを解いたりしながら、肉片と血の海で覆われた猟奇世界を巡る

「ゲーム史上もっともぞっとする地獄を見せる」という意欲で開発されているため、本作は掲載する素材をかなり選ぶほど、ゴア表現(人体破壊や流血)や、(老若男女亡者悪魔の)裸が盛りだくさん。海外でもそのまま出した場合はAOレーティング(販売に非常に厳しい制限がかけられるアダルト指定)になってしまうため、Mレーティング相当に調整してリリースされるとのこと。

今回Steamストアに登場した『Agony UNRATED』については、開発陣が連絡を絶っており多くが不明のまま。どのような形式で販売されるのか続報を待ちたい。

▼今週リリースされた主なゲーム

・14日:「Dreadnought」

 - Uncategorized

×
Domain