トレンディ★トレンディ

*

あの女優と共演NGだった!織田裕二が月9ドラマ「SUITS」で鈴木保奈美と共演

   


この記事は私がまとめました

wappameshiさん

織田裕二が27年ぶりに鈴木保奈美と共演

10月8日よりスタートする月9ドラマ「SUITS/スーツ」で、27年ぶりの共演を果たす織田裕二、鈴木保奈美のツーショットが公開。織田は大手弁護士事務所の敏腕弁護士、鈴木はその上司という設定で共演する。

織田裕二さんが連続ドラマに出演するのは「IQ246~華麗なる事件簿~」以来2年ぶり、フジテレビの連続ドラマに出演するのは「Oh,My Dad!!」以来5年ぶり。「月9ドラマ」に出演するのは「太陽と海の教室」以来10年ぶりとなります。

鈴木保奈美とは不仲だった?

8月22日発売の「週刊新潮」は織田裕二が鈴木保奈美との共演が話題になることに対し激怒していると報じた。

記事によると織田は、一時結婚で産休していた鈴木と、「踊る大捜査線」などのヒットを飛ばし続けてきた自分が同列に扱われることが気に入らなかったとのこと。

その結果、フジが気を使って、報道関係者に送られたドラマの発表案内からは鈴木の名前が外されていたという。そのため、現場での2人の関係が心配されている。

久々の共演を終え、織田は「昔から一緒にお芝居するのが楽しい方です。『東京ラブストーリー』の頃もそうでしたけど、打てば響いてくださる方で、コメディもできる方だと思いますし、知的だしキュートだし、27年前と全然変わっていない上に、大人としての知識や経験が加わって、やっぱりステキな女性です」と感想。

10月4日に織田がドラマ「SUITS/スーツ」の記者会見に出席し、鈴木さんの印象を語った。

織田さんは「27年前と全く変わらず、僕にとって保奈美さんは同じ作品を作る上での“戦友”です」と鈴木さんの印象を明かす。

一方の鈴木は「織田さんも私も原作ドラマファンというのは、いい意味での共通項だと思っていて、これから“同志”として頑張っていけたらいいなと」と意気込む。

柳葉敏郎との不仲説は有名な話

『踊る大捜査線』の撮影が始まった当初、織田さんが、柳葉さんの演技を見て、『ちょっと違う気がしますね』と言ったんです。織田さんは、深く考えず、ついぽろっと口から出てしまったので、覚えていないそうなんですけど、柳葉さんは気にしてしまい、そこから、二人は話さなくなったそう。

柳葉は後に新聞で連載していたコラムで、「自分なりに室井を探りながら演じてきた。なのに、主役の青島刑事を演じる織田君に『それ違うんじゃない』って言われてね。それで「ぶっちん」きましてね。」と告白している。

同連載で柳葉がプロデューサーに「室井を劇中で殉職させて欲しい」と頼んだとも明かしている。

陣内孝則が嫌いな俳優を告白した

「ダウンタウンDX」で、俳優の陣内孝則が「嫌いな俳優」をカミングアウトした。

なんでも30年ほど前にサングラスをかけた織田らしき人物が前から歩いてきた際、織田は一切避けようとせず、陣内とぶつかりそうになったのだとか。陣内いわく、織田のほうが年下のため織田が避けてくれると思っていたようだが、織田はぶつかる寸前まできて、ギリギリのところで織田のマネジャーが織田の袖を引っ張りなんとか接触は避けられたようだ。

陣内が気に入らなかったのは、そのときの会釈の仕方。織田は頭を下げず、逆に上げるような仕草をしたため、「それで俺はもう頭きちゃって、“あいつなんだ”っていう話になったんですけど」と、最悪の出会いだったことを暴露した。

その数年後に織田と再会した時にはとても礼儀正しくあいさつをしてもらったという。陣内氏は現在は仲良しだと明かした。

柴咲コウとは不仲?

番組視聴率がシングルを記録した直後、柴咲に対し猛烈な演技指導をしたそうです。苛立つ織田は『何か、違うんだよ』と柴咲を攻めるように何度も指導した。最終的に織田は自分の台詞を増やし柴咲の台詞を一部、カットしてしまった。

この織田の理不尽な振る舞いを、柴咲は現在も根に持っていると言うのだ。結果、6月に公開される映画『アンダルシア 女神の報復』の出演や年末の特番ドラマの共演も全てドタキャンしてしまったのだ。

 - Uncategorized

×
Domain