トレンディ★トレンディ

*

七つの海を支配する海底王!映画『アクアマン』【公開前情報まとめ】

   


この記事は私がまとめました

kerost1204さん

●アメリカでは「2018年12月21日」に公開!

「アクアマン」は2018年12月21日に米国で公開される予定だ(日本の公開日は未定)。

日本での公開はまだ未定である。

●登場人物の画像が遂に公開!

Entertainment Weekly誌(以下EW)の最新号では『アクアマン』の特集記事が組まれ、アーサー・カリーの母親アトランナ女王を演じるニコール・キッドマンの画像も紹介された。

アクアマン役のジェイソン・モモアとメラを演じるアンバー・ハードのイメージもフィーチャーされている。また、オーシャンマスター(パトリック・ウィルソン)と、ヴァルコ(ウィレム・デフォー)の新画像も公開された。

ワン監督は、写真家のジェイソン・ボーランドによって撮影された写真をTwitterで公開。「海から麗しのメラが現れました。美しいアンバー・ハードの撮影初日です」というメッセージを寄せている。

ワン監督は去年、ハード演じるメラとジェイソン・モモア演じるアクアマンの関係性について、「憎しみから始まり、やがて愛を育むようになる」と表現し、「アクアマン」ではアクションアドベンチャーにおける伝統的なロマンス要素」を取り入れたいと話していた。

本作におけるヴィランの一人、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世演じるブラックマンタの初お披露目となる画像も掲載。原作コミックではブラックマンタの名前はデビッド・ハイドだが、映画ではデビッド・ケインに変更されている。

『アクアマン』のジェームズ・ワン監督はブラックマンタについて、「パートタイムの傭兵かつフルタイムの海賊でスーツを着た彼は、宇宙からやって来たクレイジーなエイリアンみたいに見えるんだ。ブラックマンタは、どういうわけか物語に関わるようになる非常に興味深いキャラクターだが、ストーリーの軸になるのはジェイソンとパトリック(オーシャンマスター役)だ」と語っている。

●「ジャスティス・リーグ」後が舞台となる!

アクアマンを主人公にした新作映画「アクアマン」は「ジャスティス・リーグ」の後の世界を舞台にしていることがわかった。

CinemaBlendのインタビューに答えたプロデューサーのチャールズ・ローヴェンは、「アクアマン」に「ジャスティス・リーグ」のストーリー要素が登場することを明らかにした。「『アクアマン』より前に起きた出来事への言及があります」とローヴェンは話す。「それが製作側の意図だと思いますね」

「ジャスティス・リーグ」よりも何十年も前の出来事を描いた「ワンダーウーマン」(8月25日日本公開)とは違い、「アクアマン」は「ジャスティス・リーグ」の物語とある程度繋がっているようだ。

「ジェームズ(ワン監督)はどういう方向に進むべきかをちゃんと理解していますし、『ジャスティス・リーグ』と『マン・オブ・スティール』が起きた後の出来事であるということもわかっています」とローヴェンは話している。

●トレーラーはサンディエゴ・コミコンにて公開!

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、DC映画ユニバースの第6作『アクアマン(邦題未定、原題:Aquaman)』の予告編が、2018年7月19~22日(現地時間)に開催される米国最大のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン」で公開されることがわかった。

Comic-Con will be insane!! This is the new glyph/logo. Freshly smuggled out of Atlantis! (stolen off King Orm’s belt buckle) pic.twitter.com/NLmIXUaXEM

撮影は終了したのになぜ中々予告編トレーラーが公開されないのか?

ワンは以前、『アクアマン』のトレーラー映像がない理由を説明していた。「この映画はCGで作ったエラがいっぱい出てくるから、骨の折れる作業が多くてウミウシ並みの速さでしか仕事を進められないんだ!つまりトレーラーみたいな短い映像でも、途方もない時間がかかる。そして、僕は標準以下のトレーラーを作るつもりはないからね」

●DCコミック「アクアマン」とは?

特殊能力:
怪力、耐久力、海洋生物の支配、超速で泳ぐ、水中で息ができる

ページ: 1 2

 - Uncategorized

×
Domain