トレンディ★トレンディ

*

小嶋陽菜に熱愛発覚、IT社長と半同棲。そして婚前旅行へ

   

社長夫人になれば、食っていける。働かなくていいそういう打算も女性には働くのかも
倒産したら悲惨だけど、倒産なんかしないって思ってるかも

宮本拓とは何者? 急成長する「ピックアップ」CEOの素顔

2017年1月、株式会社DMM.com(以下、DMM)にジョインしたピックアップ株式会社

2014年にリリースした画像保存アプリ「POOL」は250万ダウンロードを超えるヒットプロダクトとなった。現在は、チャットストーリーアプリ「DMM TELLER」、女性同士のライブ配信アプリ「CHIPS」を展開。さらに新会社では仮想通貨に関する、新規プロダクトを開発している。

グループ入り当時、代表とCTOの2名だったメンバーは、2017年12月現在 51名に急増。いま最も勢いのあるスタートアップのひとつだ。

そのピックアップのCEOを務めるのが宮本拓 氏。25歳。

実際、取材を訪れ、話を聞いてみると宮本氏は”野心溢れる起業家”といった印象ではなく、和やかで人当たりが良く、親しみやすい人物という印象。彼がユニークなのはCAMPFIREの家入一真 氏とBASEの鶴岡裕太 氏にアプリ開発者として育てられたという過去。今も昔も彼には「放っておけない魅力」があるのかもしれない。

とくに彼が得意としているのが「デジタルネイティブ世代の日常に自然に溶け込む」プロダクトの開発。その世代とPCの利用に慣れている世代では、インターネットに対する価値観が異なる。ゆえに彼らの心理を理解するのは至難の技。

なぜデジタルネイティブ世代の間でヒットするプロダクトを生み出せるのか?そのウラ側に迫った。

好きな子の悩みを解決するために生まれた「POOL」

当時好きだった女の子から「iPhoneの容量が足りなくて困っているんだけど、どうしたらいい?」とメッセージがきて、それが一番はじめのきっかけですね。

大学在学中にBASE株式会社のiOSアプリの開発を行って
2013年にAppleベストデベロッパーを受賞しています。

BASEといえば、無料でネットショップが作れるサイトで
家入一真さんが出資していた会社ではないですか!?
しかもなんと、日本ではじめて Appleでの
プレスリリースで取り上げられたそう。プログラマーだったんですね。

それから、2014年に自身で
ピックアップ株式会社を創業します。

そして、同年にリリースした無料で写真が保存し放題のアルバムアプリである「POOL」は、現在250万ダウンロードだそう。
2017年1月からはDMMにジョインしたそう。

他には、「DMM TELLER」という新感覚チャットストーリーアプリをリリースしています。

ピックアップ株式会社ですが、所在地は、六本木の
住友不動産六本木グランドタワーにあるようです。

主な事業内容は、スマートフォン向けサービスの企画・開発・運営だそう。
見てみると、株主がDMMで100%持っているようです!

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain