トレンディ★トレンディ

*

平手友梨奈が映画初出演で主演…「響 -HIBIKI-」が楽しみ過ぎる

   


この記事は私がまとめました

・ライブ欠席を謝罪した平手友梨奈

欅坂46の平手友梨奈(16)が19日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK」(月〜金曜後10・00)に出演。

4月6日で2周年を迎える欅坂46の2周年記念ライブ「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」に欠席することについて、謝罪

「2周年記念ライブが行われるんですよね、4月」と切り出し、「それには私は参加しないんですけど、いろいろ悩んだ結果そうなってしまったので、本当にすみません」と謝罪。

グループの公式サイトに9日、「スケジュールの都合により、平手友梨奈の出演はございません」と平手の欠席が告知されていた。

・そんな2周年記念ライブは大盛況だった

デビュー2周年を記念したライヴ「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を4月6日~8日に武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催し、3日間で計2万4千人の大観衆を熱狂させた

MCでは、キャプテンの菅井友香が「改めて欅坂46は幸せなグループです。悔しい時もありましたが、そんな時は皆さんが勇気や自信をくれました。本当に感謝しています。」

「私たちが成長することで安心して戻ってこられる居場所を今は作りたいです。そのためにもっと気を引き締めて初心に返って成長したいと思います。3年目を迎えたわけですけど、今までの私たちとは違います。私たちを信じてください」としっかりとした口調で決意を述べた。

・平手友梨奈はというと、こんな情報が舞い込んできた

欅坂46のセンター・平手友梨奈(16)が、映画デビュー作で初主演する。

「君の膵臓をたべたい」を興行収入35.2億円の大成功に導いたほか、「となりの怪物くん」や「センセイ君主」など話題作が続く月川監督

平手について「主演に平手友梨奈さんの名前が挙がったとき、リスクの大きい選択だと思いました。現場が止まるかもしれないし、大変そうだ、と正直思いました。が、それを何百倍も上回る期待感で、平手さんが演じる響を見たいと思いました。響役を表現する上で、最高到達点にいけるのは平手さんしかいないと思うからです」と大きな期待を寄せている。

・「響 -HIBIKI-」とは?

今作は、累計発行部数100万部を突破し「マンガ大賞2017」大賞を受賞した柳本光晴氏の人気漫画「響 ~小説家になる方法~」が原作。

出版不況に苦しむ文芸界が舞台。文学誌「木蓮」編集部に、応募要項を一切無視した新人賞応募作が届く。破棄されるはずだった鮎喰響の「お伽の庭」に、編集者の花井ふみが目を留めたことから、世界は変わり始める。

響の才能を見出す編集者・花井ふみ役は「君の膵臓をたべたい」に続き月川とタッグを組む北川景子が

響が入部した文芸部の部長で響との圧倒的な才能の差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏に、映画「パコと魔法の絵本」で主人公パコ役を務め、映画出演は2010年以来というアヤカ・ウィルソンが扮する。

なお今作には、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生ら演技派が出演することも発表された。

・響は平手友梨奈にピッタリという声も

響の主人公の性格見る限りてちにぴったりだからすごく楽しみ

欅坂のてち映画やる、しかも響の実写映画
結構似合ってると思う!!

てちが響ーー。原作漫画めっちゃ好きで持ってるけど、たしかにぴったり。

響チラッと試し読みしてきたけどなるほどてち似合うかもねー

・原作の柳本さん「サイマジョのPVを見た時から、平手さんしかいない」

 - Uncategorized

×
Domain