トレンディ★トレンディ

*

仮出所中の内柴正人のインタビューがひどすぎて視聴者がドン引き #みんなのニュース

   


この記事は私がまとめました

Cocochanさん

内柴 正人(1978年6月17日 – )は、
日本の格闘家・柔術家、元柔道家。
アテネオリンピック・北京オリンピック
柔道男子金メダルリスト。
元九州看護福祉大学客員教授。

2011年11月8日に同大学の女子部員に対する
セクハラ疑惑がマスメディアで報じられ、
11月29日に同大学は内柴のセクハラ行為に関する
調査結果について、
未成年女子部員の飲酒を黙認し、
その後セクハラ行為を行ったとし、
懲戒解雇処分を発表した。
12月6日、準強姦容疑で警視庁に逮捕された。
内柴は容疑を否認。12月27日、東京地検は
同罪で内柴を起訴。

2013年2月1日に東京地裁は懲役5年の
実刑判決を言い渡し、2014年4月23日に
最高裁判所で上告を棄却され、
懲役5年の実刑判決が確定した。
準強姦罪で起訴されたことを受け、
全日本柔道連盟は2011年12月27日付で
内柴の指導者登録を停止処分にしたことを
2012年1月10日に発表した。
続いて2013年2月5日、刑事裁判で
有罪となったことを受け、
会員登録永久停止処分(永久追放)と
することを理事会で決めた。
一審裁判中の2012年12月には
離婚したと報じられた。
実刑判決が確定後、静岡刑務所に収監され服役。

フジテレビ 仮出所中の内柴正人のインタビュー

教え子への性的暴行で実刑判決を受けた
柔道金メダル・内柴正人が、仮出所し
初めてフジテレビのカメラに事件を語った。

現在も罪を否定

「もう悪人でいい」

裁判で被害女性と合意だったと
主張したことについては、その主張を曲げなかった。
「(相手が拒否出来ない状況だったと言っていることは)
否定するんですけれど。今まで否定してきたことを
覆すことができない」と今までの主張を変えなかった。

インタビュアーから
「それでは納得しませんよ、被害女性は?」と言われても
「お互い納得出来ない状況で、
裁判があって有罪判決いただいて、
(懲役の期間が)もうじき終わる。相手の主張が
(裁判で)通って有罪になって、懲役となって
ほぼほぼ満期近くまで努めて…。
もう勘弁して欲しいなと思います」と話し、
「僕がやりましたと言っても刑期は変わりませんよね」
と続け、裁判での主張を繰り返した。

現在の心境として「もう悪人でいい。悪者でいいから。
懲役行った人間として扱ってもいいから…。
それでもなお柔道が好きという人間として
対応して欲しい」と訴えた。

被害者女性「今も罪を犯した事を否定するのであれば言葉がありません。内柴さんの事は一生許しません」

11月に柔術大会で柔術家デビュー

内柴は11月26日に神奈川県寒川町の
寒川総合体育館で行われた柔術大会
「JAPAN OPEN2017」で柔術家デビューを果たした。
刑期は12月14日に満期となるという。

 - Uncategorized

×
Domain