トレンディ★トレンディ

*

朝ドラ『まんぷく』のモデル!日清食品創業者「安藤百福」とは?

   


◆18年度後期の朝ドラは『まんぷく』に決定

脚本を担当するのはドラマ『HERO』や『海猿』シリーズ、『ガリレオ』シリーズ、NHK大河ドラマ『龍馬伝』などを手掛けた福田靖。

◆主人公のモデルは日清食品創業者「安藤百福」夫妻

モデルとなるのは、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)氏と妻の仁子(まさこ)氏。

戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦が、失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を何度も繰り返した末、「インスタントラーメン」の開発に成功する波乱万丈の物語を描く。

大阪放送局制作では「マッサン」「あさが来た」「べっぴんさん」「わろてんか」に続き、5作連続で史実をもとにした物語になる。

◆今や世界から宇宙にまで広がる日清食品

「カップヌードル」「チキンラーメン」「どん兵衛」「ラ王」などの定番ブランドを展開する、即席麺大手の日清食品ホールディングス。日本国内では約4割の圧倒的なシェアを誇る。

1971年の誕生以来、多くの方々に愛され続けてきた「カップヌードル」。今ではアメリカ、アジア、ヨーロッパなど世界80カ国以上で発売されており、その累計販売食数は400億食を超えています。

日清食品では、創業者の安藤百福氏の「宇宙食を開発したい」という強い意向を受けて、2001年に社内にプロジェクトチームを結成。地上のカップ麺と同じ具材などを開発。「スペース・ラム」と名づけられ、2005年、野口飛行士の宇宙食として採用されました。

◆元々は台湾生まれの創業者「安藤百福」

「台湾総督府」

ページ: 1 2

 - Uncategorized

×
Domain