トレンディ★トレンディ

*

清水良太郎が夏頃(仕事復帰後)から違法ギャンブルを再開!全く懲りてなかった!

   


非合法のオンラインカジノに野球賭博…全く懲りてなかった!

送検される車の中から威圧的な目線で “ガン” を飛ばしているのは、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで10月11日に逮捕されたタレントの清水良太郎容疑者(29)。ものまね界の大御所・清水アキラ(63)を父に持ち、俳優・ものまねタレントとしてテレビで活躍しているときとは、まったく違う表情だった。

2017年2月、違法カジノ店に出入り

清水容疑者は2017年2月、違法カジノ店に出入りしていたところを「FRIDAY」に報じられ、約4カ月間芸能活動を休止し、6月に復帰した。本人は反省を口にしたが、報道に対して「カジノ店には2度ほど行っただけでカネは賭けていない」と賭博を否定していた。

ところが、ある飲食店関係者は清水容疑者の説明を覆す証言をする

「新宿の闇カジノで良太郎に会うようになったのは4年ほど前から。友人から清水アキラの息子だと紹介された。ギャンブルが好きなようで『芸能人は皆やっているから大丈夫』と話していた。彼は来店すると5万円から10万円分の現金をチップに交換して遊んでいたし、週に何度も来ていた。カジノに来てカネを賭けないですむわけがない」

違法カジノ店に出入りで謹慎…6月に復帰

良太郎容疑者は、今年2月に違法カジノ店での賭博行為を報じられたことを受けて謹慎し、6月23日に仕事復帰した。

2017年の夏ごろから、違法ギャンブルを再開

2017年の夏ごろから、清水容疑者が違法ギャンブルを再開したという情報を本誌はつかんでいた。

「報道後は違法カジノ店に行くことができず、代わりに非合法のオンラインカジノで賭博を続けていた」(知人)

謹慎から復帰後も非合法のオンラインカジノで賭博を続けていたことになる

「清水容疑者は、賭博関係者と仲よくなって、いつもプロ野球のハンデ表を送ってもらっていた。表はLINEでやり取りをするが、彼は毎回のように賭けていた。1試合で10万円も賭けることがあり、ずいぶん大きな賭けをやるなと思っていた。野球賭博の関係者は、彼が逮捕されたことで、捜査の手が自分に及ばないか戦々恐々としている」(前出の飲食店関係者)

「警視庁は、違法賭博の件でも、別件逮捕を狙っているという情報もあり、今後、関係先が“一網打尽”にされるのでは。しかし、いらぬことを供述したとなると、良太郎容疑者の身に危険が及ぶ可能性もある」(裏社会に詳しいジャーナリスト)

10月12日夜に開いた会見で、“ドラ息子”の愚行について父は泣きながら報道陣に語った

父親でタレントの清水アキラ(63)は12日の会見で良太郎容疑者については、「事務所をクビにします」と即答。「バカヤロー。もうあいつのこと信じることもできない」と突き放したが、薬物依存であれば家族のサポートも必要ではと聞かれると、また目を赤くして「やっぱり、家族ですから。それはやらなきゃいけないかも…」と絶縁はしないとしていた。

「突き放したいけど家族ですから……」

「私の育て方がダメだったんだと思う。厳しく育てたが、逆に噓つきに育ってしまったのか。バカ野郎と言って突き放したいですけど……。家族ですから」

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain