トレンディ★トレンディ

*

大麻吸引で有罪判決‥BIGBANG「T.O.P」にファンからは応援の声が相次ぐ

   


日本でも大人気のK-POPグループ・BIGBANGに所属する「T.O.P」

日本でも人気が高いK-POPグループ「BIGBANG(ビッグバン)」のメンバー、T.O.P(29)=本名チェ・スンヒョン=

ハスキーな低音ボイスが特徴のラップで魅了し、作詞や作曲も担当。日本では09年にシングル「MY HEAVEN」でメジャーデビュー。

「シークレット・メッセージ」で上野樹里さんと共演するなど、俳優としても活躍していた。

今年5月、薬物使用が報じられた

【入隊前に吸引か】BIGBANGのT.O.Pに大麻吸引疑惑、毛髪検査で陽性と報道
news.livedoor.com/article/detail…

報道によると昨年10月頃に大麻を吸引したと確認され、韓国警察は起訴意見で事件を検察に送致したという。 pic.twitter.com/t8clOdBYwi

警察の取り調べに対し、T.O.Pは昨年10月ごろに大麻を吸引したことを認めたという。

警察当局によると、昨年10月、ソウル市内の自宅で女(21)と3回、大麻を吸引したとされる。

その後、起訴されたものの意識不明状態で発見されたと報じられた

T.O.P(トップ)の芸名で活動し、麻薬管理法違反罪で5日に在宅起訴されたチェ・スンヒョンさん(29)が意識を失った状態で見つかり、病院へ搬送されたと報じた。

チェ被告は徴兵制によってソウルで警察官として勤務しており、警察施設内で起きてこないため、関係者が異変に気付き搬送したという。

一時は嗜眠状態とも報じられていた

BIGBANGのT.O.P、意識回復…「危篤状態ではない」警察が公式発表 news.kstyle.com/article.ksn?ar… pic.twitter.com/5q7JHZvfp4

ソウル地方警察庁が薬の過剰摂取でソウル梨大木洞(モクトン) 病院に入院したBIGBANGのT.O.P(本名チェ・スンヒョン) が意識を回復したと明らかにした。

警察は、「医師の所見では、普段服用していた薬が過剰に服用されたものだという推定であり、正確な内容は、患者が目を覚ました時に分かる」と述べた。

続いて「危篤状態ではなく、薬に睡眠成分が含まれており、眠っている状態で、1~2日程度で薬の成分が抜ければ生活に支障がない」と伝えた。

その後は報道陣の前に姿を見せていた

【BIGBANG】『「BIGBANG」T.O.P、マネジャーらに付き添われ木洞病院を退院…「申し訳ありません」と謝罪』 #BIGBANG k-popsocial.com/detail?d=7&bid… pic.twitter.com/QlkE5M1AmW

「BIGBANG」T.O.P(29)が9日午後2時30分ごろ、ソウル・梨花女子大学校医科大学付属木洞病院5階の集中治療室を出て、退院した

T.O.Pは所属事務所YGエンターテインメントのマネジャーらに付き添われながら、病衣とマスク姿のまま車椅子に乗って姿を見せた。

先月29日には初公判が開かれた

T.O.Pの弁護人は「事件当時、心理的に不安定な状態でAに会い、酒を飲み衝動的に犯行に及んだ」としながら、「犯行をすべて自白し、深く後悔している」と述べた。

最後の陳述では「この事件は私の人生の中で最悪の瞬間であり、本当に骨に沁みるほど後悔している。今後、二度とこうした過ちは犯さない。いかなる処罰も受け、奉仕して生きていく」と心境を述べた。

 - Uncategorized

×
Domain