トレンディ★トレンディ

*

逮捕歴・前科がある芸能人一覧まとめ

   


傷害

1986年(昭和61年)12月9日、たけし軍団を連れてタクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗して講談社に行き、フライデー襲撃事件を起こし逮捕。翌年6月10日に懲役6か月、執行猶予2年の判決が下された(東京地裁、確定)。当時のレギュラー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』『スーパージョッキー』への出演については、執行猶予判決が確定するまでの約8か月間謹慎することとなった。なお、当時たけしと交際していたといわれた女性への暴行で告訴された記者は、罰金10万円の判決を受けた。

傷害罪

1992年(平成4年)1月2日にアメリカ合衆国のスキー・リゾート地、コロラド州アスペンで、セルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘のミニー・オスメニャ(Minnie Osmena)の顔をシャンパングラスで殴打し、37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕され、禁固60日・罰金700ドルの実刑判決が出て、34日間収監される。

公務執行妨害

2006年12月15日、交通違反に腹を立て、警察官の制帽を振り払ったとして、公務執行妨害の現行犯で、警視庁大森署に逮捕。逮捕翌日に書類送検され、事実を認めたため、釈放。

大麻取締法違反

1977年10月に大麻取締法違反で逮捕され、起訴猶予となったものの、ヒットに結びつくことはなかった。
1984年に大麻取締法違反で2度目の逮捕。判決は懲役1年6か月、執行猶予3年。大麻事件以降はテレビの出演回数も減り、スナックでの営業や地方の温泉などでの公演が続いた。

大麻所持容疑

1976年9月10日、大麻所持容疑で逮捕され、「自分は酒が飲めないので、くつろぐためにマリファナを吸った」と自供した。9月22日に保釈され、10月11日には懲役8か月、執行猶予2年の判決を受ける。

大麻取締法違反

1977年に大麻取締法違反で逮捕され、半年間活動自粛。

覚せい剤取締法違反

1987年、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下される。

大麻取締法違反

1977年10月15日、ポルノ女優から大麻を譲り受けた疑いによって大麻取締法違反で逮捕された。さらにマネージャーが勝手ににしきの名義で多額の借金を作り失踪。一転して波乱の芸能生活となる。

麻雀賭博

1998年11月に、東京都新宿区歌舞伎町の麻雀店で麻雀賭博の現行犯で逮捕、約4か月の間タレントとしての活動を自粛した。その際に、「自分があんな(あの程度の安い)レートで警察の御用になるんだったら、東尾さんなんか懲役ものじゃないのか」と語っていたという。後に「図に乗っていたので、ここで一度落とされて良かった」と回想している

わいせつ物陳列罪

1997年2月15日、江頭はテレビ東京の『ザ・道場破り!』の企画の一環として、トルコで行われたオイルレスリング交流試合の会場に前座として乱入、3000人以上のトルコ人を前にして自らの芸を披露した。事前に準備した「座禅縄跳び」が予想以上にウケたため、江頭は調子に乗り芸をエスカレート。しまいにはふんどしを脱いで「3号機発射!」と叫び全裸パフォーマンスを敢行したが、肛門にでんでん太鼓を刺して逆立ちした直後にトラブルが発生。江頭は逆立ちしたまま会場から退場したが、その後即座にトルコ警察によって身柄を拘束され逮捕された。

公然わいせつ

2009年4月23日午前3時頃、東京都港区の檜町公園で酔っ払いが騒いでいると近隣住民より通報を受けた警察官が現場へ向かうと、泥酔して全裸の草彅一人がおり、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された。翌日に釈放され、謝罪会見を開いた。それによると本人は当時の記憶が全くない。

器物破損

1995年1月14日、飲酒運転の末電柱に激突し器物破損をおこし、大破した車で逃走したためパトカーとのカーチェイスになった。約20分後に現行犯逮捕され、半年間、謹慎した

飲酒運転とスピード違反

1994年3月10日の夜中午前1時過ぎ、ロサンゼルスのサンセット大通りでフェラーリを運転中、前を走行中の車に対してクラクションを鳴らし続けたため、州の交通違反としてパトカーに捕えられ、車から降りたところ、強いアルコール臭と千鳥足のために飲酒運転とスピード違反で現行犯逮捕された。助手席には長期オフを利用し彼のハリウッドの豪邸に泊りに来ていた工藤静香が同乗していた。

公務執行妨害と道路交通法違反

2001年8月24日、東京都渋谷区内で、稲垣は駐車禁止の路上に止めていた乗用車に戻ってきたところを取り締まり中の女性警察官3人に見つかった。免許証提示を求められたところ車を発進させ、制止しようとした女性警官1人の膝に接触した疑いとして、公務執行妨害と道路交通法違反(駐車禁止)で警視庁渋谷警察署に現行犯逮捕された。

覚せい剤取締法違反

1999年、覚せい剤所持が発覚。情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で10年来の友人の奥村秀一(現ワーズアンドミュージック代表取締役社長)と共に逮捕された。

 - Uncategorized

×
Domain