トレンディ★トレンディ

*

「闇が深い」「不自然すぎる」マツコ有吉『怒り新党』に視聴者から疑問の声が続出

   


「マツコ&有吉の怒り新党」が最終回を迎えた

マツコ・デラックスと有吉弘行が出演するテレビ朝日系バラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(毎週水曜よる11時15分)が29日放送回をもって最終回を迎えた。

2011年にスタートし、約6年間続いた同番組。視聴者から寄せられた“怒りメール”を紹介し、マツコと有吉が持論を展開してきた。

進行役の青山アナはマツコの言葉に涙

青山アナが「取り繕って好かれようとするよりは、自分らしくいて嫌われてみようと思えるような番組でした」と振り返ると、有吉は「なかなか潔い嫌われっぷりでした」と評価。マツコも「あんまりこういうこと言いたくないけど、私はあなた好きでしたよ、本当に」としみじみ語った。

 これを聞いた青山アナは「光栄でした。ありがとうございました」と涙。

視聴者からは終了を惜しむ声

怒り新党最終回の最後で涙止まらなかったヒトいますか❓わたしは、止まりませんでしたテキサスにもらい泣き

怒り新党最終回とかこれからどうしたらええねん。お菓子ちゃん泣いてる
ごぶごぶも終わったし、なんなん、はよ寝ろってことか?!?!

最終回に今までの全てをディスる有吉やっぱ最高やわ!
#怒り新党 pic.twitter.com/1izgM5thzw

iPhone3台位ずっとこの壁紙だったんですけど、きっとこの後もしばらくこの壁紙かな…
#怒り新党
#最終回 pic.twitter.com/4ExrFba1TY

あー、怒り新党が最終回ってあー……ショック…最終回マークにあんなに怯えるとは…悲しみをこらえて録画観ます。

最終回は「新・三大○○調査会」の総集編を放送

6年間にわたる放送の最終回となったこの日は、245回続いた人気コーナー「新・三大○○調査会」の総集編スペシャルで番組を振り返った。

初代進行役の夏目アナの話題は一切なし

そんな同番組は、11年に番組を開始して以降、青山アナに変わるまで約5年もの間、夏目三久が進行役として出演し続けてきた。しかし最終回では、過去を振り返る内容ながら、夏目に関係した話題は一切なかったのである。

そのため一部視聴者からは不満の声が!?

「放送後、視聴者からは

ページ: 1 2 3 4

 - Uncategorized

×
Domain