トレンディ★トレンディ

*

お嬢様発言に国民は怒り心頭!?「マツコ&有吉」終了の原因は怒りの飽和状態とも

   


▼『マツコ&有吉の怒り新党』終了!新番組スタートへ

テレビ朝日が3月7日に行った「2017年4月改編説明会」で、タレントの有吉弘行とマツコ・デラックスがMCを務める「マツコ&有吉の怒り新党」を終了し、同時間帯に新番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」がスタートすると発表した。

公式サイトでは「6年間怒りに怒った、マツコと有吉が天国に暮らす天使のように、おだやかな気持ちでトークをくりひろげる」番組だと説明されている。

視聴者からの投稿メールによる「怒り」を紹介し、マツコ・デラックスと有吉弘行が切れ味鋭いトークを繰り広げる『マツコ&有吉の怒り新党』。

『怒り新党』は2012年3月に『ギャラクシー賞』月間賞を獲得したほか、2013年~2015年には、1月1日の『芸能人格付けチェック』、2日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ』、3日の『怒り新党』と並ぶ“正月三が日特番”に起用されたテレビ朝日が誇る看板番組。昨年3月の夏目三久さん卒業という転機があったとは言え、いまだファンの多い番組です。

有吉弘行、マツコ・デラックスという人気者を起用した番組は、23時台というスタートながら好調をキープしていた。

▼背景に「怒り」の飽和状態…怒りと毒舌をベースにした番組とタレントが増えすぎた。

『バイキング』(フジテレビ系)、『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)などの怒りや毒舌をベースにした番組が増えた上に、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)が「怒ってます企画」を連発するなど他の番組にもその傾向が見られます。

それらの番組には、坂上忍さん、梅沢富美雄さん、高嶋ちさ子さん、遥洋子さん、フィフィさんらが出演し、怒りや毒舌を全開。そこに、水道橋博士さん、小藪一豊さん、おぎやはぎ、カンニング竹山さんら怒りや毒舌のキャラとして知られる芸人が加わって盛り上げるなど、タレントも飽和状態なのです。

このような怒りや毒舌をベースにした対立の構図に、視聴者はすっかり慣れてしまいました。今や『怒り新党』はマイルドな部類に入るほどで、怒りや毒舌の鋭さは感じません。それだけに、新番組『かりそめ天国』を真逆のふわっとしたコンセプトに振り切ったのは納得です。

『怒り新党』がスタートしたころとは異なり、現在の2人はゴールデンタイムの番組を担うトップMCになりました。

その多くが大スポンサーを抱える番組だけに、「不用意な発言で迷惑をかける」ことだけは避けたいところ。特に生活情報を扱う『有吉ゼミ』(日本テレビ系)や『マツコの知らない世界』(TBS系)では、怒りや毒舌を見せる機会が減っています。また、『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)や『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)などの一般人と絡む番組が増えているのも、理由のひとつと言えるでしょう。

“毒舌タレント”から“総合司会者”という次のステージに入った2人が、「各所に迷惑をかけない」レベルの怒りや毒舌に留めているのは間違いありません。もはや怒りや毒舌は、2人にとって絶対的なものではなく、多彩な魅力のひとつでしかないのです。

▼お嬢様発言が鼻についた!?青山愛アナのリストラが狙い?

『マツコ&有吉の怒り新党』のリニューアルにともない、進行役の青山 愛アナウンサーが降板することが明らかになり、ネットには悲しみの声があふれている。

夏目三久が辞めたのも大きかったと思う。青山愛も良かったけど。

怒り新党、青山愛アナ降板すんの!?おれは夏目アナより好きやったぞ…
悲しい( ; ; )

ボクは青山愛ちゃんの雰囲気が大好きなのに…

青山アナは、今年4月から夏目三久アナの後任として『マツコ&有吉の怒り新党』を担当。その端麗な容姿と、帰国子女でお嬢様、さらに天然というキャラクターで人気を呼び、時として飛び出す本音発言をマツコと有吉がツッコんだりイジったりする場面が“お約束”となっていた。

これに対しネット上では「最近マンネリで、ネタ切れなんでしょ」「夏目三久がやってた時は観ていた」「夏目三久さんとの3人の絶妙なやりとりが好きだったので最近物足りなかった」などの意見が圧倒的で、夏目支持者が多いことが再確認された。

 - Uncategorized

×
Domain