トレンディ★トレンディ

*

堀北真希も事務所トラブル!?引退の真相が錯綜している件

   


堀北真希

堀北といえば、中学2年生で芸能事務所・スウィートパワーのスタッフにスカウトされ、熱心な口説き落としの末、2003年に女優デビュー。

2005年に出演した映画『ALWAYS 三丁目の夕日』での演技が高く評価され、第29回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。

2012年のNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」ではヒロインを演じ、同年の紅白歌合戦で紅組司会を務めた。

3月1日に芸能界引退を発表

堀北真希を応援してくださった皆様。
突然のご報告申し訳ございません。2月末日をもって堀北が芸能界を引退致します。お陰様でたくさんの仕事に恵まれ、感謝しております。今後は家庭に専念したいという本人の思いを尊重し、新しい人生を応援して頂けますと幸いです。本当にありがとうございました。

堀北真希さんが、家事や育児に専念するとして芸能界からの引退を明らかにしました。

所属事務所とは水面下で交渉を重ね、最後の広告契約だったCM出演が終わったタイミングで引退を決断。

背景には、結婚を機に広がった所属事務所との溝があり、山本の個人事務所への移籍も取り沙汰されていた。

引退の真相…「事務所との確執」あったとの報道も

アイドル歌手やバンドと違い、俳優は引退を宣言する必要がない職業。それを明言する背景には個人的な事情やトラブルがある。

山本耕史と結婚した頃から、事務所との不仲や独立がささやかれるようになり、昨年後半に入ってからは引退報道も多数なされていた

ちょうど一年前の昨年3月には、事務所への不信感を募らせた堀北が、夫である山本耕史の個人事務所へ移籍する<独立計画>があるとも報じられた。

「事務所側は籍だけでも残すように説得していたようだが、結婚後は仕事を減らし、引退に向けて水面下で動いていた」と芸能評論家の三杉武氏。

結婚前から事務所との溝は徐々に深まっていった?

「堀北の前に、同じ事務所の黒木メイサが赤西仁と“できちゃった婚”をした。それで事務所の稼ぎ頭となった堀北の結婚をやすやすと認めるわけにはいかなかった。」

テレビ関係者。

変な虫が付かないように、事務所は堀北を徹底した監視下に置いたのです。

関係者は「事務所に『やめたい』と相談したこともあったと聞いている」。溝は徐々に深まっていった。

このニュースに対するみなさんの声

事務所というのは芸能人の生き方をことごとく締め付けてくるのだろうか 堀北真希と事務所に確執も、家庭優先受け入れられず asahi.com/and_M/interest…

堀北真希と事務所に確執も、家庭優先受け入れられず(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-… #Yahooニュース そら事務所はドル箱手放したくはないやろうしねぇ。そういう意味じゃ、彼女ではなく自分の儲けしか見てない、と感じる。

まだ産後2ヶ月でしょ?あと半年したら気持ち変わると思うけどなー。
電撃引退の堀北真希、所属事務所が突然の発表を謝罪 – Ameba News [アメーバニュース] news.ameba.jp/20170301-339/ #news @newsamebaから

 - Uncategorized

×
Domain