トレンディ★トレンディ

*

【過去の栄光】薬物に溺れてしまった有名人達【再起不能!?】

   


■覚醒剤■

2014年5月17日、警視庁組織犯罪対策第五課に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。逮捕容疑は同年4月6日ごろと4月12日ごろ、港区内のマンションの一室で少量の覚せい剤を所持していた疑い。逮捕当初は容疑を否認していたが、警視庁による尿検査では覚せい剤の陽性反応が出ており、自宅からは覚せい剤やメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)とみられる粉末や錠剤が発見された。また、知人で会社員の女も同容疑で逮捕された。

歌手のASKA(本名、宮崎重明)(58)が覚せい剤を使用したとして逮捕された。同容疑者はおととし2014年にも同様の罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けている。

ASKA容疑者の尿からは覚せい剤の陽性反応が出ているものの、容疑を否認しているという。

2009年8月3日、夫である高相祐一が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕。自身も警察署への任意同行を求められるが、これを拒否して姿をくらます。その後、警察は酒井の自宅から微量の覚醒剤と吸引具を発見、酒井への逮捕状をとる。その翌日の同年8月8日、酒井が警察に出頭し、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕。

酒井法子が生まれた当時、酒井法子の父は覚醒剤所持で逮捕され刑務所の中に居ました。酒井法子の壮絶な生い立ちはここから始まります。

酒井法子の父親の服役中に酒井法子の母親は寂しさからか若い男と駆け落ちしてしまい、実の母親との生き別れとなりました。我が子を捨てていくなんてひどい話ですが、酒井法子の母親もまた不幸な生い立ちだったのかもしれませんね。

2016年2月3日、マンションの自宅にて覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された。前述の通り疑惑が出てから一貫して否定していた中での逮捕であった。警視庁組織犯罪対策第5課は週刊文春による疑惑報道を受け、一年にわたる内偵捜査を続けた末、容疑が固まったとして踏み込み、その結果、現行犯逮捕につながったという。

清原が薬物に手を出し始めたのは、現役時代の晩年。故障がちになった巨人移籍後からだったとされる。

「ちょうど10年くらい前に、タニマチと巨人のチームメイトが、相次いで覚醒剤所持で逮捕されたんです。すると清原は、いきなり頭を丸坊主にした。尿検査は数日でクリアできるが、毛髪は覚醒剤使用の痕跡が残る。だから頭を丸めたのか……。

いずれにせよ、それ以降、組対5課をはじめ、大阪・兵庫・高知各府県警なども、それぞれ清原をマークするようになりました。10年以上前から、捜査対象としてマークされていたんです。

清原は、肉体改造でステロイドを使用し、興奮作用に目覚めたという情報があった。あるいは、腰や膝の痛みを和らげるためにシャブを使用したのかもしれません」

00年、駅構内にて女性の下着を盗撮し、東京都迷惑防止条例違反で書類送検。罰金5万円の略式命令が下る。
01年、男性宅風呂を覗いたとして軽犯罪法違反容疑で逮捕。その後自宅から覚醒剤が発見され、覚醒剤所持・使用容疑で再逮捕。懲役2年、執行猶予3年の判決が下る。
04年、「転回禁止」の場所で人身事故。業務上過失傷害と道交法違反容疑で書類送検。同年、銃刀法違反と覚醒剤取締法違反で逮捕。3年6ヶ月の実刑判決が下る。
10年、麻薬及び向精神薬取締法違反(コカイン所持)で逮捕。さらに同年、覚せい剤取締法違反(共同所持)の容疑で美容室経営者の女とともに再逮捕。翌年、懲役3年6ヶ月の実刑判決が下る。

芸能人でなくDARCスタッフとして社会的な活動を再開。薬物中毒者への講演を主体とした活動に移行した。以前と変わって心理的な余裕も生まれ、田代の名を無断使用した盗撮ビデオメーカーに対し「やかましいわ!一回俺にお伺いを立てろ!」と切り返す度量を見せた。依然芸能活動については難しいとの見方を崩していないが、ラッツ&スターにだけは何年かかっても復帰したい旨を強く述べている。
2015年(平成27年)5月3日、バイカーイベント「九州魂」に出席し、チャリティーに協力。7月1日、「社会を明るくする運動中央推進委員会」が主催の「立ち直りフォーラム」に出席。薬物依存の怖さやDARCの活動などを話す。同年7月3日からDARC職員として東北方面に出張し、薬物中毒者向けの講演を精力的にこなす。

尾崎豊が薬に出会ったのは、1986年某月、ニューヨークでのことです。尾崎は当時無期限活動停止のさなかにあり、その上、自分の思うような作品が出来ず、相当のストレスが溜まり、街をふらふらと彷徨っていたところ、ニューヨークの若者に声をかけられ、薬をはじめた、とゆうふうに尾崎は自伝的小説「普通の愛」で語っています。

「コカイン、マリファナ、LSD、アンフェタミン、ヘロイン〜♪」
アルバム「誕生」の「禁猟区」でも様々な薬の名前が上がっているように、尾崎はいろんな薬をやったみたいです。

尾崎の死因は肺水腫であることのみを発表し、肺水腫の原因が覚醒剤中毒であることは伏せられていた。中毒は経時的な悪化によるものではなく、大量の覚醒剤服用(オーバードース、薬の多量摂取)による急性メタンフェタミン中毒が引き起こした肺水腫と結論付けられている。内臓も覚醒剤を経口摂取した形跡があり、肺にも覚醒剤中毒の症状が見られたという。

出典i2.wp.com

2002年10月、実兄の妻に暴行し、傷害の容疑で逮捕。この件は不起訴で釈放となったが、拘留中に受けた尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕。同年12月19日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下る。
2006年2月25日、新宿区の路上で覚せい剤取締法違反(所持)で再び逮捕。その後、覚醒剤使用も発覚。2006年5月11日、懲役1年6ヶ月の判決が下る。

西川隆宏 今も3人で…脱退13年でも消えぬ「ドリカムの絆」

店内には、初のベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』のポスターが何枚も貼られていた。札幌市すすきのにあるバー・Rは、元ドリカムのメンバー・西川隆宏(51)が経営する店だ。

西川がドリカムから脱退したのは’02年3月。その後、彼は覚せい剤取締法違反で逮捕されるなど、波乱の日々を送った。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain