トレンディ★トレンディ

*

娘のデートを尾行…斉藤由貴の「毒親」役が怖すぎる!

   


◆嫁姑よりも厄介といわれる「毒親(毒母)」問題

「あなたのためを思って・・・」という言葉で、娘に関わりすぎる母親。その存在を重く感じながらも「母を悲しませたくない」と苦しむ娘。

今、実の母と娘の関係がうまくいかずに、心の病や家族断絶にまで深刻化するケースが増えている。

田房永子『母がしんどい』(2012)

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain