トレンディ★トレンディ

*

ASKAさん「不起訴」で釈放…一夜明けて徐々にわかってきたこと

   


○ASKAさん「不起訴」で釈放

東京地検は19日、覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA(58)を不起訴処分にした。

歌手のASKA(本名・宮崎重明)氏(58)について、東京地検は19日、不起訴(嫌疑不十分)とした。

○覚せい剤を使った疑いで逮捕されていたASKAさん

ASKA氏は11月25日夜、東京都目黒区の自宅から「盗撮や盗聴をされているので確認してほしい」と自ら110番。

○警視庁は尿検査で本人の尿と立証できなかった

ASKAさんは逮捕後、液体について「あらかじめ用意したお茶を尿の代わりに入れた」などと説明。

このため使用容疑について嫌疑不十分となり、午後7時9分に警視庁湾岸警察署から釈放された。

○ASKAさんはお茶を自身の尿の代わりとして提出したと供述

陽性反応が出た液体について、ASKAは逮捕後の取り調べで「あらかじめ用意したお茶を、採尿カップに入れた」と供述。

ASKAさんは、尿検査の際、お茶を自身の尿の代わりとして、警察に提出したという。

採尿のとき、警察官は近くにいたが、手元がはっきり見えず、液体が少量だったため再鑑定はできなかったそうだ。

○その結果、釈放につながった

「絶対に覚醒剤をやっていない」という自らの主張が認められた安堵(あんど)感があったからだろうか。

報道陣の呼びかけには応じず、ワンボックスカーに乗り込んで同署を後にした。

○警視庁は容疑を裏づける証拠を見つけることはできなかった

警視庁は、ASKAさんの自宅や滞在先のホテルなど、関係先の捜索を行い、ハードディスクやタブレット端末などを押収した。

しかし、覚せい剤や吸引用のパイプなど、容疑を裏づける証拠は見つからなかった。

○ネットでも警察の対応が非難されていた

 - Uncategorized

×
Domain