トレンディ★トレンディ

*

夢にお金や妊娠まで…2016年話題になったアイドルの引退理由

   


・戦国時代とされ多数のグループが活躍する現在のアイドル界

アイドル戦国時代と言われ、多種多様なアイドルグループが存在する現在

AKB48グループや、乃木坂46ほか“坂道シリーズ”らをはじめ、昨今の音楽シーンの一翼を担う女性アイドルたち

現在は“アイドル戦国時代”と言われるほど、アイドルが乱立。およそ3000組ほどのアイドルグループが存在している

・卒業するメンバーも多いが、2016年は卒業と同時に芸能界を引退するアイドルが目立った

2016年は卒業と同時に引退するアイドルが相次いでる

モーニング娘。やAKB48などのように「○期生」のような形でメンバーの加入と卒業を繰り返し、メンバー編成を新陳代謝していくことで存続していくアイドルグループの存在も当たり前になった昨今

2016年は、人気アイドルグループからの卒業、そして芸能界引退の発表のニュースが話題になっている

増えている人気メンバーの“卒業即引退”、いずれもアイドルとして旬のうちに引退を発表している

・さらにはその引退理由も注目されている

▼乃木坂46の橋本奈々未さん

お金の問題をアイドルになったことと引退する双方の理由のひとつに挙げた橋本さん

女性アイドルグループ「乃木坂46」を「卒業」し、芸能界を引退すると10月19日に発表した橋本奈々未さん(23)

橋本は、グループの中心メンバーとして活動していたが、弟の学費のめどがついたため引退の決断に至ったをことをグループの冠番組で言及。その理由が多くのメディアで取り上げられ、話題に

アイドルになった目的を弟の学費など「本当にお金だった」と明かし、引退を決意したのは、弟が大学に入学し、母から「無理しないで、好きなことをしてください」と手紙をもらったことがきっかけだったなどと告白

もともと橋本は“アイドルになったのはお金のため”と話していた。しかし、橋本が活躍を続けてきたおかげで弟は大学に行けるようになり、彼女の中で一区切りついたことが、引退する決め手となったよう。ネットではその一連の苦労話が、なかば“神格化”されている

こうした芸能界入りと引退までの経緯について、ファンからは「泣ける」などのコメントが寄せられている一方で、貧困家庭のために弟が進学できないという橋本さんの家庭状況に対して、美談では済ませられないとの声も上がっている

▼カントリー・ガールズの嗣永桃子さん

ももちこと嗣永さんは、夢だったという“幼児教育”の道へ進むという

かつてはアイドルグループ『Berryz工房』のリーダーとして、現在は『カントリー・ガールズ』のプレイングマネージャーとして活躍している嗣永桃子さん(24)。“ももち”の愛称で知られる彼女が、11月5日のライブで来年6月30日にグループを卒業、芸能界を休止すると発表

嗣永は5日のカントリーガールズの結成2周年コンサートで、来年6月30日に芸能界から引退し、今後は以前から興味のあった教育の分野に進むと宣言

大学卒業と同時に小学校と幼稚園の教員免許を取得。芸能界引退後には幼児教育の道に進んでいくと説明

同グループの結成2周年を契機に、自身のキャリアを見つめ直し、幼児教育関連の仕事に進むという

10年以上も芸能界にどっぷり浸かっていた女の子が、教育の道という世間の人たちにもわかりやすい具体的な路線を目標にしていることから、多く人たちも好意的にとらえていて、ファンも「ももちなら、いい先生になること間違いなし!」応援ムードとなっている

▼モーニング娘。’16の鈴木香音さん

モーニング娘。’16の鈴木香音さん(18)も、ぽっちゃり体型を武器にバラエティ番組など活躍の場を広げていた最中に、福祉の道に進むと宣言し、潔く引退した

2016年2月7日、「介護福祉の仕事につくための勉強をしていきたい」との本人の意思により、同年春のモーニング娘。'16のツアーをもってモーニング娘。'16、並びにハロー!プロジェクトを卒業することが発表

鈴木は3月から5月にかけて行われた「モーニング娘。’16の春ツアー」をもって、グループを卒業ならびに芸能界も引退

 - Uncategorized

×
Domain