トレンディ★トレンディ

*

やっぱりか…覚せい剤使用でASKAまた逮捕 本人はブログで否定

   


ASKAさんといえば・・

チャゲ&飛鳥として発表された名曲はたくさん!

ASKA(アスカ、1958年2月24日 – )は、日本の男性ミュージシャン。本名:宮﨑 重明(みやざき しげあき)。旧称:飛鳥 涼(あすか りょう)。福岡県大野城市出身。第一経済大学卒業。

シンガーソングライターでもあり、CHAGE and ASKAのメンバーで、楽曲のメインボーカル・作詞・作曲を担当している[1]。

自身の歌う曲だけでなく楽曲提供したものも大ヒット!

光GENJIに提供したシングル「STAR LIGHT」・「ガラスの十代」・「パラダイス銀河」は立て続けにヒットし、音楽家としての知名度が向上した。

ミリオンセラーとなる大ヒットを記録したのが「SAY YES」。意外にもこの曲で初めてのオリコン一位を獲得。武田鉄矢主演の「101回目のプロポーズ」の主題歌でもある。
他にも「YAH YAH YAH/夢の番人」もオリコン一位を獲得。織田裕二主演「振り返れば奴がいる」の主題歌に起用された。世代を超えて愛される名曲がたくさん!

しかし、突然の逮捕に衝撃・・

芸能界に衝撃が走りました。

2014年5月17日、警視庁組織犯罪対策第五課に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された

以前から噂はあったものの、まさかそんなはずはないと信じていた方も多いはず。

逮捕容疑は同年4月6日ごろと4月12日ごろ、港区内のマンションの一室で少量の覚醒剤を所持していた疑い。
警視庁による尿検査では覚醒剤の陽性反応が出ており[18]、自宅からは覚醒剤やメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)とみられる粉末や錠剤が発見された

ASKA元被告は2014年5月、覚醒剤を所持していたとして逮捕され、その後、覚醒剤と合成麻薬MDMAを使用した罪などで、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、現在は執行猶予中だった。

初犯だったこともあり、執行猶予となったASKAさん。
これで覚せい剤と縁切ることができるのか、注目されていました。

逮捕から2年・・執行猶予中にまた逮捕へ

2014年、覚醒剤を使用した罪などで有罪判決を受けた歌手のASKA元被告が、再び、覚醒剤を使用した疑いが強まり、警視庁は28日にも逮捕する方針を固めた。

捜査関係者によると、25日夜、歌手のASKAこと宮崎重明元被告本人から110番通報があり、意味不明な発言をしていたことから、警察官が東京・目黒区にある自宅に駆けつけた。その際、ASKA元被告から任意で尿の鑑定をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たという。

ASKA元被告は今月25日夜、「盗撮、盗聴されている」などと自ら110番通報し、言動に不明な点があることから、警視庁で薬物の尿検査をしていた。

自ら110番したというASKAさん。
覚せい剤を使用すると幻聴・幻覚が起きると言いますがそのせいでしょうか・・・

ASKAは27日に更新した自身のブログで、「アルバムが到達点直前にいることの喜びを感じています。ジャケットも、写真もできています」と報告していた。

音楽活動も再開していたのにまさかの逮捕へ。
覚せい剤の恐ろしさがわかりますね。

しかし、本人はブログで否定

はいはい。みなさん。落ち着いて。

間違いですよ。
詳しくは、書けませんが、
先日、僕の方から被害届けを出したのです。
被害の内容は、想像して下さい。
そしたら、逆に疑われてしまいまして、
尿検査をうけました。
何の、問題もありません。
ずべて、フライングのニュースです。

ページ: 1 2 3

 - Uncategorized

×
Domain