トレンディ★トレンディ

*

観光バスの運転手、運転しながらポケモンGO…動画公開で発覚、両備バス大阪支店認める

   


●お詫びのしようもない。今後一切このようなことがないよう再発防止に努める

岡山県を中心にバス、タクシー事業を展開する両備ホールディングス(本社・岡山市北区)は4日、傘下の両備バス関西カンパニー大阪支店(大阪府門真市)の男性運転手(41)が、バスの運転中にスマートフォンでゲームをしていたと発表した。再発防止に努める、としている。

大阪の青い観光バスの運転手さんでした。
高速道路でも何度か寝かけてたので運転がフラフラで怖かったです。

両備バス関西カンパニーのバス

映像では、運転しながらポケストップをくるくる回してる姿を確認することができます。

同ホールディングスによると、10月31日、同社に寄せられた電話から、男性運転手がバスの運転中にスマートフォンを操作し、人気ゲーム「ポケモンGO」をしている様子の動画がインターネット上で公開されているのを確認。社内で調査したところ、同大阪支店の観光バス部門に所属する入社11年の男性運転手が、この行為の事実関係を認めたという。動画が公開されたのは10月10日だった。

これを受けて同社では31日以降、運転席への携帯電話の持ち込みを禁止。広報担当者は「交通従業員としてあるまじきことをしてしまい、お詫びのしようもない。今後一切このようなことがないよう再発防止に努める」としている。

ポケモンGO、運転中はポケモンが出ないように

運転中のプレイが問題視されている人気のスマートフォン向けゲーム『ポケモンGO』で、プレイヤーが高速で移動しているときはポケモンが出現しないよう対応されていることが分かりました。

ver.1.3.0から、移動速度が速いと警告文が表示されるようになりました。
しかし、こうした対策でも運転中のプレイをなくすことはできなかったのです。
この状況を解決するため、Niantic社がとった対策が高速で移動しているユーザーには一律でポケモンが出現しないようにする措置でした。
これにより、運転中のポケモンGOプレイはできなくなったと言えます。

高速移動中はポケモンが出ない仕様に。助手席で確認

ポケモンGOは、最初から車で遊ぶようには作られていないのです。交通機関での移動中にプレイできなくなって不満に思う人もいるでしょうが、もっと外に出て、歩いてポケモンを探しましょう。

ページ: 1 2

 - Uncategorized

×
Domain