トレンディ★トレンディ

*

まだ間に合う!高視聴率2桁キープ”秋ドラマ”が面白い!

   


◆ドクターX ~外科医・大門未知子~

人気シリーズの第4弾。天才的な技術を持ちながらフリーランスとして活動する医師・大門未知子(米倉涼子)。

米倉涼子が主演する人気シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が、初回視聴率20.4%と好発進、期待の大きさをうかがわせた。

続く第2話(10月20日)も平均19.7%、この日の終盤では最高24.6%を記録。快進撃が続き、早くも、今クール最高作と呼び声が高い。

大門未知子(米倉涼子)は、大学病院の医局に属さず、怪しげな「神原名医紹介所」に所属しながら、さまざまな病院を渡り歩くフリーランスの外科医。ある日、未知子は国内最高峰の大学病院として君臨する東帝大学病院に派遣される。

未知子は、ただの“企業組織”と化した医療の場で横行するパワーゲームに、図らずも巻き込まれていくことになる。

「原先生きた!」「我らが原先生!」とすでに期待が高まっている。どうやら来週も高視聴率を叩き出しそうだ。

院長の前で、吉田剛太郎演じる東帝大学病院の外科部長・西園寺猛司と、生瀬勝久が扮する黄川田高之による「御意」合戦が繰り広げられ、出世競争と居心地を良くするために、二人は「米つきバッタ」のように「御意」を繰り返していました。

東帝大の歌を歌うおじさん3人が、かなり面白いね。 #ドクターX

ドクターXのこのコンビ大好きだわ(*゚O゚*) pic.twitter.com/Rv1bHM4q0F

◆地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

宮木あや子氏の原作「校閲ガール」シリーズを基に連続ドラマ化。

<視聴率>
第1話 12.9%
第2話 11.2%
第3話 12.8%
第4話 11.2%

10月5日に始まった『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の視聴率が「地味にスゴイ!」と評判になっている。

これまで計3話が放送されたが、12.9%→11.2%→12.8%と2ケタ台の視聴率をキープしているのだ。

出版物の内容の正確さを支える重要な役割を担っている校閲をテーマに、ファッション編集者に憧れ出版社に入社したものの校閲部に配属されてしまった主人公の奮闘ぶりを描いている。

主人公の河野悦子はオシャレが大好きな28歳。ファッション誌「Lassy」の編集者を志望し、何度も応募の末ついに憧れの景凡社に採用されたものの、配属先は地味な校閲部。

20代、30代のオシャレOLさん達も参考になるのではないでしょうか。七変化と言っても過言はありません。見てても飽きる暇がない!

当初は落ち込んだ悦子だったが「校閲の仕事で認められれば憧れのファッション誌の編集ができるかも」と、校閲の仕事に全力投球。

地味スゴ見たけど面白いしキャストほんと良すぎる!!!(*^^*)笑笑

地味スゴめっちゃおもしろい
すごい面白いし、おしゃれやし、きゅんきゅんもするし最高かよ✨✨
最後衝撃で終わったああああ!!
来週がまためっちゃ楽しみです!
おやすみなさーいいい( *¯ ꒳¯*)

地味スゴおっかけ中☺︎
安定に面白いなあ
今クールで1番すきかも
#地味にスゴイ #校閲ガール

校閲という仕事に関しては賛否両論あるみたいですが、良くも悪くも話題になっているのはドラマにとっては好影響なんじゃないでしょうか。

 - Uncategorized

×
Domain